登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

転職成功事例

2020-06-08

【50代女性/Sさん】50代での正社員就職。諦めモードを変えた新戦略とは?

  • 正社員
  • ブランクあり
  • 50代女性
  • 調剤事務経験
メディカルリソース

・Before

調剤事務
介護のため離職

・After

調剤事務
正社員

【50代女性/Sさん】50代での正社員就職。諦めモードを変えた新戦略とは?

新着求人でスピード内定。「もう一度正社員になりたい!」

目次

  1. 「もう一度正社員になりたい!」
  2. 年齢の壁を乗り越えた工夫とは?
  3. コンサルタントの裏話

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

「もう一度正社員になりたい!」

30代から10年以上調剤事務のお仕事を続けていたSさん。2年前、お父さまの介護のために退職されたそうです。その後お父さまが高齢者向けの施設に入居することになったとのことで、もう一度働きたいというお電話をいただきました。

ご相談いただいた時点でSさんは55歳。一般的な企業であれば60歳が定年ですから、5年間のみの雇用になります。Sさんもそのことはご理解されており、「5年間だけでいいので正社員として働きたいんです」とおっしゃっていました。

 

 

年齢の壁を乗り越えた工夫とは?

実際に転職活動をはじめたところ、Sさんのご自宅から通えるエリアにはすでに4社の求人が出ていました。Sさんは出来るなら全ての企業の選考を受けたいとご希望だったので、それぞれの企業で書類選考を進めつつ、私の方ではさらに新しい求人を探していました。

というのも、今回Sさんが選考を希望した4社はどれも若手社員を採用したいという意向が強い会社だったから。選考の結果は厳しいものになるかもしれないと思っていました。結果、やはり全てで書類選考が通らず、お見送りという結果になってしまいました。自信をなくし、「やっぱり正社員じゃなくてパートにしようかな…」とすっかり落ち込んでしまったSさん。

やはり転職市場の常として、企業は長く働いてくれる方を採用したいと思っているのは事実。年齢が高くなれば定年までの年数も短くなりますから、その分だけ就職・転職が難しくなるんです。ただ、それは企業側の希望する条件とSさんが希望する条件が合致しないということであって、Sさんのお人柄やスキルに問題があるわけではありません。最後まで諦めずに頑張りましょうとお話ししたのを覚えています。

意気消沈のSさんに、私が考えていた新しい求人探しの軸をお伝えしてみました。新しい軸は、『Sさんの経験を武器にすること』。10年以上の調剤事務の経験をウリに、調剤事務の指導者や責任者としての採用を目指せるはずだと考えていました。Sさんからもご賛同いただき、調剤事務の責任者枠の採用を考えている企業を探すことに。

そこで私が頼ったのは弊社の薬剤師の職業紹介事業部でした。実は、チアジョブ登販を運営する株式会社メディカルリソースは、もともと薬剤師の転職サポートを行なってきた会社。設立から20年、大手調剤薬局はもちろん中堅企業や個人薬局など、全国の様々な調剤薬局とのつながりがあるんです。

エリアの担当の方に相談をすると、つい最近訪問した個人薬局でまさに調剤事務を探している企業があったとのこと。企業の方から詳しくお話を伺うために電話をしてみたところ、長年勤めていた調剤事務の方が最近定年を迎えて退職したと教えてくれました。頼りにしていた方が抜けて困っており、調剤事務の経験を長く積んだベテランを探していますとのことでした。まさにSさんの条件にぴったり!タイミングの良さに私もびっくりしたくらいでした。

その後はなんと2週間足らずで内定&入社。社内でも類を見ないスピード決定でしたね。ちなみに、採用条件は最初に選考を進めていた4社の採用条件と比べても、責任者枠での採用ということもあってかなり好条件。しかも定年は65歳でした。「いい条件で長く働けるから将来も安心です」とSさんに喜んで頂けました。

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

コンサルタントの裏話

調剤事務の仕事は近年特に応募数が増えていると感じますね。登録販売者の実務経験を積める職場もあることから、登録販売者の方の転職先にも人気なんです。

ちなみに、調剤薬局業界は中小企業が多いのが特徴なんです。大手企業が寡占している業界と違って、求人を集めるためにはたくさんの企業への地道なヒアリングが欠かせません。つまり、調剤事務の仕事探しでは、たくさんの調剤薬局といかにつながりを持つかが重要になってきます。

この話は調剤事務のお仕事をお探しの方に毎回お話ししているのですが、実はこれ、職業紹介サービスを選ぶポイントにもなるんです。中小企業とのつながりもたくさん持っているのか、大手企業をメインに取引をしているのかは紹介会社によって異なります。その点、メディカルリソースは個人経営など中小規模の調剤薬局とのつながりを大事にしてきた会社です。だからこそ、今回Sさんの転職は成功したのだと思います。

つまり、調剤事務職の方が紹介会社を探すときのオススメは、「中小企業を含めたくさんの企業とのつながりがある紹介会社を選ぶこと」。そうすれば可能性を狭めずに幅広い求人から転職先を選ぶことができますよ。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-06-08

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。