登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

<登録販売者向け>ドラッグストアで健康食品をお求めのお客さまへの対応

現場で役立つ知識

2022-09-09

<登録販売者向け>ドラッグストアで健康食品をお求めのお客さまへの対応

「おすすめの健康食品は?と聞かれてどれをすすめたら良いのか困ることがある」「医薬品ではなく健康食品をすすめて良いのか迷ってしまう」など、ドラッグストアで働くなかでこのような悩みを抱えている登録販売者の方は多いのではないでしょうか。健康食品にも複数種類があるため、どれを選ぶのがお客さまにとって最適なのか判断が難しいケースも多いでしょう。そこで今回は、健康食品の定義から選び方、医薬品との違いや販売時の注意点などについて詳しく解説します。

ニキビに効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

現場で役立つ知識

2022-08-18

ニキビに効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

ニキビ用の市販薬は、一年を通して需要があります。とくに暑い時期は、紫外線によるダメージやマスクによる蒸れなどの影響もあり、ニキビに悩む方が増えてくる季節です。市販には多くのニキビ治療薬があるため、どれをお客さまにおすすめしたら良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ニキビ用の市販薬に含まれている成分を見ながら、適切な治療薬の選び方を解説します。

ドラッグストアで客単価を上げるには?知っておきたい9つの方法<登録販売者向け>

現場で役立つ知識

2022-08-05

ドラッグストアで客単価を上げるには?知っておきたい9つの方法<登録販売者向け>

ドラッグストアは、医薬品販売を通じてお客さまの健康を支える役割を担う一方で、小売業として売上を出し続けなければなりません。その売上を伸ばす方法としては、「客数を増やす」「単価を上げる」「買上点数を増やす」などいくつかあります。今回は、そのうちの一つである客単価を上げる方法について見ていきましょう。客単価は登録販売者をはじめとするスタッフの工夫次第で上げられます。この記事を参考にして、日々の業務に取り組んでみてください。

【2022年最新】登録販売者の外部研修(継続研修)とは?研修内容や費用、受けなかった場合のペナルティについても解説

現場で役立つ知識

2022-08-04

【2022年最新】登録販売者の外部研修(継続研修)とは?研修内容や費用、受けなかった場合のペナルティについても解説

厚生労働省は、一般用医薬品販売業者に対し、業務に従事している登録販売者への外部研修(継続研修)の受講を義務化しています。お客さまに正しく医薬品を使ってもらうために、これまでの知識の確認と新しい知識をインプットできる研修の受講は欠かせません。登録販売者自身も意欲的に参加する姿勢が求められます。今回は、登録販売者の外部研修の目的や意義、受講時期・研修内容などについて説明します。

【ドラッグストアの売り場作り】販売ノルマを達成させる陳列テクニック

現場で役立つ知識

2022-07-28

【ドラッグストアの売り場作り】販売ノルマを達成させる陳列テクニック

近年、多くのドラッグストアでは、医薬品だけでなく日用品や食品などの多彩な品揃えによって集客力を高めています。こうした店舗運営で登録販売者が売上を伸ばすために行う重要な施策としてあげられるのは、商品の「陳列」でしょう。今回の記事では、ドラッグストアにおける陳列の目的や重要性と、販売ノルマ達成のための具体的なテクニックを紹介します。

クーラー病(冷房病)とは?よくある症状やおすすめの市販薬をご紹介【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

現場で役立つ知識

2022-07-15

クーラー病(冷房病)とは?よくある症状やおすすめの市販薬をご紹介【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

暑い季節になると、ドラッグストアに訪れたお客さまから「なんとなく体調が優れない」「体が冷えて頭痛がする」などの症状について相談されることもあるのではないでしょうか。登録販売者としてこのような相談を受けたときには、クーラー病(冷房病)の可能性も考えてみましょう。今回は、クーラー病の症状や原因、予防と対策、クーラー病が疑われるお客さまが来店された際の市販薬の選び方などを解説します。

高齢者のフレイルとは?あらわれやすい症状や原因、予防方法についても解説

現場で役立つ知識

2022-06-24

高齢者のフレイルとは?あらわれやすい症状や原因、予防方法についても解説

コロナ禍による長期間の外出自粛が続いている影響もあり、近頃ではフレイルになる高齢者が増えてきました。残念ながらフレイルの治療は、薬局やドラッグストアで販売されている医薬品ではできません。しかし、登録販売者もフレイルの予防や対策へ介入することは可能です。今回は登録販売者ができるフレイルへの対策や予防方法などを解説します。「疲れやすい」「動くのがつらい」というお悩みを抱えたお客さまが来店された場合の対応として、参考にしてみてください。

下痢に効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

現場で役立つ知識

2022-06-03

下痢に効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

気候が温かくなってくると、冷たいものを摂取する機会が増えたり、食中毒を起こしやすくなったりするため、下痢止めをお求めのお客さまが増えます。 しかし、下痢の症状に応じて、お客さまへ提案すべき薬の種類は大きく変わるもの。今回は、下痢の原因や下痢に効く市販薬の勧め方、薬ごとの特徴など幅広く解説していきます。

<登録販売者向け>更年期障害を緩和する市販の漢方薬やサプリをお求めのお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

現場で役立つ知識

2022-05-13

<登録販売者向け>更年期障害を緩和する市販の漢方薬やサプリをお求めのお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

40代半ばから50代半ばくらいの年齢になると、さまざまな不調が更年期障害としてあらわれます。のぼせや顔のほてりなどの身体症状のほか、イライラやうつなどの精神症状が代表的でしょう。 厚生労働省によると、更年期障害で通院している人の数は年間約25万人にも上るそうです。ドラッグストアや薬局でも、更年期障害に関する相談を受けることはめずらしくないでしょう。 今回は、更年期障害に使われる漢方薬やサプリメントの選び方、症状をやわらげるための対策や治療方法などについて詳しく解説します。

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

現場で役立つ知識

2022-04-14

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

コロナ禍が続くなかで、精神的に不安定になったり十分に眠れなくなったりしている患者さまが増えてきました。こうした症状は「コロナうつ」とも呼ばれ、精神科を受診する患者さまも増加傾向にあると言われています。 同じように、ドラッグストアや薬局にも抗不安薬を求めて来る方が見られるようになりました。しかし、抗不安薬に分類される薬は、市販薬にはありません。 今回は、抗不安薬を希望されるお客さまへの登録販売者の適切な対応や、市販薬の選び方について解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。