登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

NEW

【2021年8月改正】登録販売者の店舗管理者要件が緩和!経過措置の終了についても解説

業界情報

2021-10-15

【2021年8月改正】登録販売者の店舗管理者要件が緩和!経過措置の終了についても解説

2020年3月27日に発表された登録販売者の経過措置の延長が、ついに期限を迎えました。同時に、2021年8月から施行する法改正で、管理者要件の緩和が発表されました。この記事では経過措置延長の修了について、また、緩和された管理者要件の内容を詳しく説明します。店舗管理者要件の需要が転職市場で高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

NEW

「濫用等のおそれのある医薬品」の適正販売のため、登録販売者にできることは?

現場で役立つ知識

2021-10-08

「濫用等のおそれのある医薬品」の適正販売のため、登録販売者にできることは?

市販薬を扱う際に気をつけなければならない問題の一つが「濫用等のおそれのある医薬品」の適正販売です。本来は販売すべきでないお客さまに言われるがまま渡していると、お客さまの健康を損なう可能性があります。今回は「濫用等のおそれのある医薬品」が具体的にどういうものなのか、これらの取り扱いが社会問題になっている背景などを詳しく見ていきましょう。適正な販売を行うためのルールや対応方法についても紹介しているので参考にしてみてください。

【登録販売者向け】適切な受診勧奨の方法とは?

現場で役立つ知識

2021-09-10

【登録販売者向け】適切な受診勧奨の方法とは?

「市販薬で対応できるか、受診してもらうべきかの線引きがわからない」「受診勧奨をするとき、どのように伝えたらいいのかわからない」 受診勧奨について、このような悩みをもつ登録販売者は少なくありません。接客をしながら「市販薬を販売して大丈夫かな?」と思う場面は度々あるでしょう。そこで今回は、受診勧奨をすべきか見極めるポイントや注意点、どう対応するべきか具体的にご紹介します。

OTC医薬品の「2分の1ルール」撤廃!登録販売者の活躍の場は広がる?

業界情報

2021-09-03

OTC医薬品の「2分の1ルール」撤廃!登録販売者の活躍の場は広がる?

2021年8月1日から、OTC医薬品販売における「2分の1ルール」が撤廃されました。これにより24時間営業のコンビニエンスストアの医薬品販売参入の激化をはじめ、様々な動きが見られると予想されます。登録販売者の働く環境はどう変化していくのでしょうか。 今回は、「2分の1ルール」撤廃の背景や、撤廃に伴う登録販売者への影響などについて解説します。さらに今後進んでいく可能性のある、規制緩和の流れも追っていきましょう。

豊富な種類がある医薬品の剤形。それぞれの特徴を解説!

現場で役立つ知識

2021-08-13

豊富な種類がある医薬品の剤形。それぞれの特徴を解説!

市販されている医薬品は、大きく内服薬と外用薬にわけられます。内服薬はさらに錠剤やカプセル、外用薬は軟膏剤や貼付剤などに細かく分類されることが特徴です。 医薬品は、同じ効果をもつものでも剤形の違いによって使い勝手が大きく異なります。剤形が違うだけでお客さまの服薬がスムーズにいくかどうかが左右され、治療効果に影響が出ることもあるものです。今回は、それぞれの剤形にどのような特徴があるのかをご紹介します。

ワクチン接種後の発熱や頭痛。アセトアミノフェン市販薬を服用して大丈夫?イブプロフェンとの違いも解説

現場で役立つ知識

2021-08-06

ワクチン接種後の発熱や頭痛。アセトアミノフェン市販薬を服用して大丈夫?イブプロフェンとの違いも解説

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進むなか、副反応で発熱の症状があらわれる方も多くみられます。このようなワクチン接種後の発熱に対して、厚生労働省から市販の解熱鎮痛薬の使用が可能である旨が通知されました。その影響で、とくにアセトアミノフェンを主成分とする市販の解熱鎮痛薬は品薄状態が続いています。 今回は新型コロナウイルスのワクチン接種による発熱や頭痛でアセトアミノフェンを求めて来店されるお客さまへの対応方法や、アセトアミノフェンとイブプロフェン、ロキソプロフェンとの違いについて解説します。

セルフメディケーション税制とは?登録販売者への影響と求められる役割

現場で役立つ知識

2021-08-05

セルフメディケーション税制とは?登録販売者への影響と求められる役割

超高齢化社会を目前に控え、注目される「セルフメディケーション」。ドラッグストアをはじめ、スーパーやコンビニ、家電量販店など様々な場所で一般用医薬品が手に入るようになり、登録販売者の果たすべき役割は大きくなってきています。 今回の記事では、セルフメディケーションの定義についてや、お客さまからも質問されることの多い「セルフメディケーション税制」の仕組みと手続き方法などについて解説します。お客さまに近い場所にいる登録販売者が、今後どのような役割を担っていくべきかどうかも確認しておきましょう。

注目度UP!効果的なPOPの作り方【ドラッグストアの売り場づくり】

現場で役立つ知識

2021-08-02

注目度UP!効果的なPOPの作り方【ドラッグストアの売り場づくり】

ドラッグストアには、欲しい商品がすでに定まっているお客さまだけでなく、商品を選ぶ楽しさを求めて来店する方も多いでしょう。商品にお客さまを魅了する効果的なPOPを展示すると、販売促進につなげることもできます。 今回は、ドラッグストアでPOPがもたらす効果や作成のポイント、注意点などを解説します。自店で作るときの参考にしてみてください。

登録販売者のメリット・デメリット!ダブルライセンスでの需要は?

業界情報

2021-07-30

登録販売者のメリット・デメリット!ダブルライセンスでの需要は?

高齢化の影響もあり、医薬品を扱う登録販売者の社会的ニーズは年々高まる傾向にあります。資格があれば40歳代以降でも正社員として採用される可能性も。また、登録販売者として医薬品を販売するためには定期的・継続的に外部研修を受ける義務があり、医薬品の専門家としての貢献を求められています。 ここでは、登録販売者の求人状況の他、登録販売者であり続けるために必要な経験や研修の概要について解説します。また、登録販売者の資格をより活かすためのダブルライセンスについても紹介します。

【ドラッグストア編】登録販売者が身に着けるべき接客術は?

現場で役立つ知識

2021-07-21

【ドラッグストア編】登録販売者が身に着けるべき接客術は?

医薬品の知識だけでなく、高い接客能力も求められる登録販売者。とくにドラッグストアでの接客は、幅広い商品を扱ううえ、店舗特性により求められる接客が異なる難しさがあるため、苦手意識を持つ登録販売者も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ドラッグストアで働く登録販売者が身につけるべき接客術をご紹介します。併せて、自分に合った接客ができるドラッグストアの選び方にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。