登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

「ポリファーマシー」とは?定義や問題点、登録販売者にできること

業界情報

2021-01-08

「ポリファーマシー」とは?定義や問題点、登録販売者にできること

医療業界で話題となっている「ポリファーマシー」という言葉を聞いたことはありますか?多くの薬を服用して何らかの弊害が生じる状態をいい、とくに高齢者に起こりやすい問題です。登録販売者とも無縁の話ではなく、ポリファーマシーの観点からお客さまの生活に寄り添ったセルフメディケーションを推進する重要な責務を担っています。この記事では、ポリファーマシーとは何か、なぜ起きるのかという背景、問題点から店頭で登録販売者ができることについて解説していきます。

「医薬品登録販売者」への名称変更は実現するの?理由や背景についても解説

業界情報

2020-11-13

「医薬品登録販売者」への名称変更は実現するの?理由や背景についても解説

登録販売者は名札に「登録販売者」であることを明記しなければなりませんが、資格名について「医薬品登録販売者」という表記を用いてもよいという見解が厚生労働省から示されました。現時点では「登録販売者」の名称が正式に変更されたわけではありませんが、今後は「医薬品登録販売者」という呼び方が用いられる機会が増えていくでしょう。そこでこの記事では、なぜ「医薬品登録販売者」という呼び方を用いる動きがあるのか、その背景と登録販売者を取り巻く今後の期待や展望について解説します。

登録販売者は年齢制限がない?40代でも転職可能な理由を転職コンサルタントに聞いてみた

業界情報

2020-10-23

登録販売者は年齢制限がない?40代でも転職可能な理由を転職コンサルタントに聞いてみた

「転職と言えば、やはり若い方が有利……」そんなふうに考えて、転職を尻込みしている登録販売者の方は意外と多いのではないでしょうか。しかし、近年では資格取得の条件も緩和されたことから、様々な年齢の方に登録販売者として活躍できるチャンスが巡ってきています。 そしてそれは、40代であっても同じです。今回の記事では、40代で登録販売者としての転職を考えている方に向けて【登録販売者の年齢制限/登録販売者の転職のポイント/転職コンサルタントによるQ &A】をご紹介します。

登録販売者試験の合格後の手続きや合格証について

業界情報

2020-06-19

登録販売者試験の合格後の手続きや合格証について

一生懸命勉強して登録販売者試験に合格しても、実際に一般用医薬品を販売する企業に就職して販売従事者登録をしなければ、登録販売者として働くことができません。 そこで今回は、登録販売者試験に合格してから登録販売者として働くまでの流れや、販売従事登録の際に必要な書類などについて説明します。そして、合格通知書(合格証書)において、氏名や本籍地の変更があった場合や紛失した場合の対処法について解説します。

登録販売者の現状と今後の需要(将来性)について

業界情報

2020-04-21

登録販売者の現状と今後の需要(将来性)について

「登録販売者の求人はよく見るけれど、将来性はどうなの?」「資格をとっても採用されないのでは……」といった不安があると、登録販売者試験を受けることに迷いを感じてしまうでしょう。また、資格をとったものの離職している人の中には、復職を躊躇している方もいるかもしれません。 そこで今回は、登録販売者の仕事内容や需要の現状、そして、2014年度以前の旧制度下で試験に合格した登録販売者が注意しなければならない経過措置の内容について解説します。さらに、登録販売者の市場ニーズに関する将来展望などについても紹介します。

0402通知とは?業務範囲が拡大した調剤薬局事務の仕事とあわせて解説

業界情報

2020-04-17

0402通知とは?業務範囲が拡大した調剤薬局事務の仕事とあわせて解説

2019年4月2日、今まで薬剤師がほぼ独占して行ってきた業務の一部を、一定の条件下で非薬剤師でも可能とする内容の文書が、厚生労働省から通知されました。これを受け、調剤薬局事務の業務内容が拡大し、市場の雇用ニーズは今後も大きく変化することが予測されます。 そこで今回は、「0402通知」の内容と拡大された調剤薬局事務の業務内容、そして、今後調剤薬局事務への就職・転職を目指す方が取得しておくべき資格についてまとめます。

【2020年3月改正】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

業界情報

2020-04-14

【2020年3月改正】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

2020年3月27日、登録販売者の経過措置の延長と、管理者要件の緩和・実務経験の算定基準の変更が発表されました。この記事では経過措置延長の内容と、管理者要件の緩和・実務経験の新しい計算方法を詳しく説明します。2014年以前の合格者で経過措置の対象者や、登録販売者の経験が長い方にとって、今回の改定はチャンスです!転職市場での需要が高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

花粉症薬などの軽症薬が保険適用外(自費)になる?!私たちの生活への影響は?

業界情報

2020-04-08

花粉症薬などの軽症薬が保険適用外(自費)になる?!私たちの生活への影響は?

2019年夏に発表された「花粉症治療薬などが保険適用外になる」というニュースを見聞きして、衝撃を受けた方も多いと思います。このニュースの内容はまだ決定事項ではなく、今後の見通しも明らかではありませんが、実現すれば医療業界だけではなく一般用医薬品の小売業界にも大きな変化が生じると考えられます。 そこで今回は、花粉症治療薬などが保険適用外になった場合、生活にどのような変化が生じうるのか、そして、小売業界や登録販売者にはどのような影響があるのかを考察します。

登録販売者販売従事登録について!従事登録をする際に必要な書類や注意点について

業界情報

2020-03-16

登録販売者販売従事登録について!従事登録をする際に必要な書類や注意点について

登録販売者試験に合格後、登録販売者として一般用医薬品の販売に従事するためには、登録販売者販売従事登録が必要です。また、すでに十分な実務経験がある方の場合、実務従事証明書があれば、合格後すぐに登録販売者として働くことができます。 そこで今回は、登録販売者販売従事登録の概要と申請方法の他、申請時に必要な書類の内容などについて説明します。さらに、登録販売者になるために必要な実務従事証明書や、販売従事登録をしたあとの登録販売者の働き方についても解説します。

登録販売者のメリット・デメリット!資格ならではのメリットの活かし方

業界情報

2020-03-16

登録販売者のメリット・デメリット!資格ならではのメリットの活かし方

高齢化の影響もあり、医薬品を扱う登録販売者の社会的ニーズは年々高まる傾向にあります。資格があれば40歳代以降でも正社員として採用される可能性も。また、登録販売者として医薬品を販売するためには定期的・継続的に外部研修を受ける義務があり、医薬品の専門家としての貢献を求められています。 ここでは、登録販売者の求人状況の他、登録販売者であり続けるために必要な経験や研修の概要について解説します。また、登録販売者の資格をより活かすためのダブルライセンスについても紹介します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。