登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

業界情報

2020-03-16

登録販売者とは?仕事内容や薬剤師との違いについて解説

メディカルリソース

・Before

・After

登録販売者とは?仕事内容や薬剤師との違いについて解説

ドラッグストアなどの求人で見かけることが多い「登録販売者」の文字。 「登録販売者ってどんな仕事をするんだろう?」「薬剤師とは何が違うの?」と疑問を抱く方も多いかと思います。 登録販売者は一般用医薬品を販売する専門資格ですが、仕事内容はあまり知られていないのが実情です。 そこで今回は、登録販売者の資格ができた経緯や仕事内容、また、よく比較される薬剤師との違いについて、分かりやすくまとめました。

目次

  1. 登録販売者とは?
  2. 登録販売者の仕事内容は?職場ごとに仕事内容を解説
  3. 登録販売者と薬剤師の違い
  4. まとめ

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

登録販売者とは?

登録販売者とは?

はじめに、登録販売者の資格が誕生した経緯と、登録販売者に任されることが多い主な仕事内容について解説します。

 

登録販売者が誕生したのはいつ頃か

2008年以前、医薬品の販売ができたのは、薬剤師と薬種商のみでした。そのため、医薬品の販売に携わる人材は不足していました。その後、2009年に医薬品販売の規制が大幅に緩和され、一部の医薬品については薬剤師がいなくても販売できるようになりました。この法改正にともなって誕生した資格が「登録販売者」です。

つまり登録販売者は、今まで薬剤師がいるときにしかできなかった医薬品の販売を、薬剤師不在時にもおこなえるようにするためつくられた専門資格です。

 

登録販売者の主な仕事内容

登録販売者が取り扱うことができる一般用医薬品は第二類医薬品と第三類医薬品に限られますが、これらは市販されている医薬品の9割以上を占めています。そのため、薬局やドラッグストアにおいて登録販売者の資格を持つ人材は非常に重宝されます。

就業先により異なりますが、登録販売者の主な仕事内容は以下のとおりです。

  • 医薬品の情報提供
  • 医薬品の販売
  • お客様からの相談対応

 

登録販売者の資格を生かした業務を担当することが多いです。他にも、医薬品の期限管理や在庫管理、販売動向に応じた発注業務、製薬会社への対応などを一任されることも少なくありません。

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

登録販売者の仕事内容は?職場ごとに仕事内容を解説

登録販売者の仕事内容は?職場ごとに仕事内容を解説

登録販売者を必要とする職場は多種多様で、仕事内容もそれぞれの職場で異なります。そこで、多くの登録販売者が就職するドラッグストアなどを例に、主な業務内容を紹介します。

 

ドラッグストア

ドラッグストアでは、医薬品の販売や情報提供・お客様からの質問対応などの他、商品の陳列・品出し・発注、レジ打ちなどの業務をおこなう場合が多いです。また、正社員として勤務する場合、パート従業員やアルバイトへの指示、マネジメントを任されることもあります。

ドラッグストアでは、健康食品・医薬部外品・介護食品や介護用品なども数多く扱っているため、医薬品以外のヘルスケア商品に関する相談を受けることも少なくありません。また、医療機関で処方された医薬品や通信販売で購入した健康食品などの相談を受けることもあります。

 

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでは、在庫管理や発注、品出し、レジ打ち、店内清掃などといったコンビニエンスストア店員としての業務が比較的多い傾向にあります。一方で、売り場つくりや医薬品の相談・販売は一任してもらえることがほとんどです。

 

調剤薬局

調剤薬局には必ず薬剤師がいるので、登録販売者の主な仕事は処方せんの受け取りや処方せん内容のコンピューター入力などです。

調剤薬局では一般用医薬品を販売していることも多いので、薬剤師が調剤や投薬などで対応が難しい場合などには、登録販売者が相談や販売に対応します。

 

その他

登録販売者の就職先としては、上記の他スーパーマーケット、ディスカウントストア、家電量販店、ホームセンターなどがあります。店舗によっては医薬品販売業務のみを担当し、他の売り場にはほとんど関与しないこともあります。また、知識を生かして一般用医薬品を扱う製薬会社の営業職として勤務する人や、独立店舗の立ち上げを目指す人もいます。

 

entry

 

 

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬剤師とで大きく異なるのは、「取り扱い医薬品の範囲」「処方せん調剤の可否」「資格取得方法」の3点です。具体的に何が違うのか、項目ごとに詳しく説明します。

 

取り扱うことのできる医薬品の範囲が違う

登録販売者が販売できる一般用医薬品は第二類医薬品・第三類医薬品だけですが、薬剤師は第一類医薬品を含めたすべての一般用医薬品を販売できます。

第一類医薬品は、一般用医薬品としての使用実績が少ないものや、副作用や飲み合わせなどについて特に注意を要するものであることから、薬剤師のみに販売が許されています。

 

処方せんに基づく調剤はできない

薬剤師は、医師の処方に基づいて、調剤をおこなうことができます。しかし、登録販売者による調剤は認められていません

医師が処方する医薬品の多くは市販されておらず、劇薬や毒薬、覚醒剤原料や麻薬に分類されるものもあります。そのため人体へのリスクが大きく、薬剤師による取り扱いしか認められていません。

 

資格の取得方法が違う

登録販売者試験は、学歴や年齢に関係なく誰でも受験することができます。合格率は都道府県によりばらつきがありますが、平均すると40%台です。合格人数に制限があるわけではないので、合格基準をクリアすれば何人でも資格を取得することができます。そのため、2018年度末時点で、全国で25万人を超える人が試験に合格しています。

一方の薬剤師国家試験は、6年制の薬学部を卒業あるいは卒業見込みの人、または平成18年から29年の間に4年制の薬科学科を卒業し、大学院に進学して実習を受けた人のみに受験資格が与えられます。合格率は60~80%ですが、そもそも薬学系大学に入学する人が少ないので、合格者数はそれほど多くありません。
 

 

まとめ

登録販売者は、一般用医薬品の販売をおこなうことができる専門資格です。登録販売者試験は、学歴・年齢に関係なく誰でも受験できますし、合格基準を満たせば合格することができます。また、登録販売者は一般用医薬品のほとんどを取り扱うことができるため、ドラッグストアや薬局だけではなく、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでもニーズが高まっています

セルフメディケーション(自身の健康を管理し、軽度な不調は自身で手当てすること)の推進が加速するなか、医薬品の専門家である登録販売者の存在は、今後ますます注目されることでしょう。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-03-16

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-10-09

<登録販売者向け>咳止め薬を探して来店されたお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

咳が止まらず仕事に集中できない、眠れないほど咳き込む……咳はとくに辛い呼吸器系の症状で、生活にも影響します。それだけにお客さまは「一刻も早く咳を止めたい」という強いニーズを持って来店されます。 種類が豊富な咳止め薬の中から症状にあったタイプの薬を選べること、ときには最適なタイミングで受診勧奨を行うことも登録販売者に求められるスキルです。 そこで今回は咳の種類の見わけ方、登録販売者が注意すべきこと、店頭での接客方法についてご紹介します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2020-04-14

【2020年4月速報】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

2020年3月27日、登録販売者の経過措置の延長と、管理者要件の緩和・実務経験の算定基準の変更が発表されました。この記事では経過措置延長の内容と、管理者要件の緩和・実務経験の新しい計算方法を詳しく説明します。2014年以前の合格者で経過措置の対象者や、登録販売者の経験が長い方にとって、今回の改定はチャンスです!転職市場での需要が高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-10-26

【登録販売者の悩みに回答!】推奨販売への向き合い方がわかりません<教えて村松先生:第2回>

セミナーや動画配信を中心に、登録販売者や資格受験者向けの学習支援を行っている株式会社東京マキア代表の村松早織先生には、日々、登録販売者からの悩み相談が送られてきます。 連載第2回は、推奨販売への向き合い方がわからない方へ、推奨販売に対する考え方や、気持ちを楽にする具体的なアドバイスを解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-07

登録販売者必見!記憶に残る漢方・生薬の覚え方

登録販売者試験の範囲でも覚えるのが難しい漢方・生薬。資格取得を目指している方はもちろんですが、すでに資格をもっている方にも必要な知識です。この記事では、漢方・生薬の重要性や記憶に残る覚え方、漢方の知識をどのように生かせるのかについて紹介していきます。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2020-04-17

0402通知とは?業務範囲が拡大した調剤薬局事務の仕事とあわせて解説

2019年4月2日、今まで薬剤師がほぼ独占して行ってきた業務の一部を、一定の条件下で非薬剤師でも可能とする内容の文書が、厚生労働省から通知されました。これを受け、調剤薬局事務の業務内容が拡大し、市場の雇用ニーズは今後も大きく変化することが予測されます。 そこで今回は、「0402通知」の内容と拡大された調剤薬局事務の業務内容、そして、今後調剤薬局事務への就職・転職を目指す方が取得しておくべき資格についてまとめます。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。