登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

現場で役立つ知識

2021-11-26

【登録販売者の悩みに回答!】推奨販売への向き合い方がわかりません<教えて村松先生:第2回>

メディカルリソース

・Before

・After

【登録販売者の悩みに回答!】推奨販売への向き合い方がわかりません<教えて村松先生:第2回>

セミナーや動画配信を中心に、登録販売者や資格受験者向けの学習支援を行っている株式会社東京マキア代表の村松早織先生には、日々、登録販売者からの悩み相談が送られてきます。 連載第2回は、推奨販売への向き合い方がわからない方へ、推奨販売に対する考え方や、気持ちを楽にする具体的なアドバイスを解説していただきました。

目次

  1. そもそも推奨販売とは?
  2. 推奨販売はフェアでありたい
  3. 推奨販売で悩んだときは

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

公開日:2020年10月26日
更新日:2021年11月26日

 

多くのドラッグストアでは、推奨販売品が定められています。

それに苦手意識のある登録販売者は多く、うまくお客様に説明できない、おすすめしたいと思えない商品でも販売せざるを得ない……など、様々な悩みがつきものです。

このような登録販売者ならではの悩みについて、村松先生にうかがいます。

セミナーや動画配信を中心に、登録販売者や資格受験者向けの学習支援を行っている株式会社東京マキア代表の村松早織先生には、日々、登録販売者からの悩み相談が送られてきます。

連載第2回は、推奨販売への向き合い方がわからない方へ、推奨販売に対する考え方や、気持ちを楽にする具体的なアドバイスを解説していただきました。

 

質問

 

村松先生の回答

 

 

そもそも推奨販売とは?

推奨販売は、お客さまから直接お話をうかがい、ご要望や必要性に応じて適した商品を積極的におすすめする販売方法です。「推売」「推販」などと略されることもあります。

お客さまにとっては今まで知らなかった良い商品を知るきっかけになりますし、たくさんの商品から目的のものを選ぶ手間を省けるメリットも。また小売店側にとっても、利益率の高い商品を選んでおすすめできます。

このように推奨販売は、お客さまのみならず双方にとってメリットのある販売方法です。

現在、多くのドラッグストアでは推奨販売の手法が取り入れられています。私は2社のドラッグストアで勤務を経験しましたが、1社は推奨販売の制度がなく、もう1社は推奨販売に力を入れていました。各会社によってその品目も品目数も異なり、月によって品目が追加されることもありました。

推奨販売に力を入れているかどうかは、会社の方針によって大きな違いがあります。また、店長の方針によるところも大きいため、人事異動でお店の雰囲気がガラッと変わる場合もあるのです。

 

entry

 

 

推奨販売はフェアでありたい

推奨販売はフェアでありたい

推奨販売はお客さまにメリットがあることが大前提であり、もしも小売店の都合ばかりを押しつければ、それは「押し売り」になります。

押し売りは顧客満足度を著しく下げる要因です。また、医薬品は使い方を一歩間違えれば健康に関わる可能性があるので、医薬品を推奨販売する場合、一般の食品や雑貨などよりさらに慎重に行う必要があります。

医薬品の情報提供は本来かたよりがあってはならず、「販売するうえで都合の悪い情報はわざと伝えない」など、お客さまにとって不利益になる行動をしてはいけません

お客さまはその商品についてプラスの面もマイナスの面も知る権利があると理解して、推奨販売を行いましょう。

良くない販売方法の例として、以下があります。

・推奨販売品のメリットばかりを伝え、デメリットをあえて伝えない

・根拠もなく「そちらの商品よりもずっと効き目が良いです。」などと誇張した表現で伝える

・お客さまにとって不要もしくはより良い商品があるのにも関わらず、推奨販売品をすすめる

・不必要な量の商品を購入させる

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

推奨販売で悩んだときは

推奨販売で悩んだときは

登録販売者の方から、推奨販売で悩んでいるというご相談をいただくことがよくあります。

推奨販売品をお客さまに上手に販売できなかったり、人と成績を比べてしまったり、上司に注意されてしまったりして、気持ちが追い詰められてしまう人もいるようです

このような気持ちにならないように、また、なってしまったときにどのように対処すれば良いのか、ヒントを書いていきます。

 

1.お客さまと会社・自分の利益を考える「バランス感覚」が大切

最初にお話しした通り、医薬品の情報提供は、正確に、そしてかたよりなく行うことが基本です。

一方で推奨販売は会社や自分に利益をもたらすものなので、お客さまの利益を最優先にしながら、会社や自分のことを考える必要があります。

推奨販売による自分への利益には様々な形があり、会社によってはボーナスや昇給など給料として反映されるケースや、自分自身の出世や仲間からの信頼など、目に見えない形で得られるものもあります。

このバランス感覚はとても大切なので、いつも意識できると良いでしょう。

それでは、どのようにバランスを取っていけば良いのかを探っていきましょう。

 

2.推奨販売品を分析する

ひとくちに推奨販売品といってもいろいろな種類のものがあります。

商品を分析すると、自分がいったい何で悩んでいるのか、また、自分が推奨販売に対して「どこまでなら取り組めるのか」と線引きを探ることも可能です。

たとえば推奨販売品を以下のようにわけてみましょう。

 

①おすすめしても良いと思える推奨販売品

有効性、安全性、価格などの面から見て、お客さまにおすすめするのに申し分ないと思える商品

このような商品については、積極的に情報提供ができると考えられます。

 

②教えたいと思える推奨販売品

「おすすめ」とまではいかないものの、その存在を教えたいもの。

たとえば「お客さまが指名した商品と似た成分配合で、より低価格のもの」などがそれに当たります。

簡単にいうと、売れ筋商品の類似品でありながら、よりすぐれた特徴のある推奨販売品です。

このような商品についての情報提供は、お客さまにとって「お得な情報」になる可能性が高く、場合によってはそこを突破口にして①の「おすすめしても良いと思える推奨販売品」をご案内する流れを作ることもできます。

お客さまがあなたのことを「自分に利益をもたらしてくれる存在」だと認識してくだされば、信頼関係が生まれ、よりスムーズにいろいろな情報提供をできるようになるでしょう。

 

③おすすめしたいと思えない推奨販売品

有効性、安全性、価格などから見てあまりメリットがなく、お客さまにおすすめしにくい商品

①の「おすすめしても良いと思える推奨販売品」と逆の商品です。

 

④おすすめする機会のない推奨販売品

効能・効果がピンポイントすぎる、その商品がターゲットとする客層が狭すぎるなど、対象となるお客さまがほとんどいない商品

そもそも推奨販売品として指定すること自体に無理があるのでは……と思えるようなものを含みます。

販売機会が少なければ、販売成績が伸びないことはごく自然なことです。

ただしこのような商品は情報提供を行うチャンスが極端に少ないだけで、おすすめする可能性はゼロではありません

あらかじめどのような症状の方にすすめられるかを具体的に考えておくと、いざという時にスムーズに対応できます。

 

まずは、①~④までの商品の仕訳がスムーズにできたかどうかを確認しましょう。

もしできなかった場合、推奨販売がうまくいかない理由は「商品の知識不足」である可能性があります。商品について深く知ることで、もっと自信をもって対応ができるようになりますよ。

また、仕訳がスムーズにできた場合、このなかで、①②④に関してはケースバイケースで、推奨販売が可能であると考えられます。

残るは③の「おすすめしたいと思えない推奨販売品」との向き合い方ですが、次の項にてもう少し詳しく説明します。

 

3.自分の心にポリシーをもとう

問題となるのは「おすすめしたいと思えない推奨販売品」ですが、まずは自分がなぜそう思うのかを分析してみてください。

成分の有効性や安全性、価格など様々な理由が考えられますが、いずれにしても自分なりの答えを出すのはとても大切です。

なぜならそれが、お客さまのことを一番に考えたうえで自分がゆずれない一線や「専門家としてのポリシー」になり得るから。

ポリシーを心にもっておくと、専門家として「ここまではやるけれど、ここからはやらない」という仕事の線引きができます。

この線引きがあると、もし上司から「もっと売ってください」と注意されることがあっても、自分の意見を述べたり逆に自分とは異なる相手の考え方を受け止めたり、場合によっては受け流したりと、冷静に対応することができます。

つまり、ポリシーによって自分を守ることができるのです。

ここをあいまいにしたままでいると、上司に注意されたことが単なる「恐怖心」として心に残ってしまい、注意されたくない→だからすすめたくもないものを売る→お客さまに対して罪悪感を覚える→上手に売ることができない……という負のスパイラルにはまってしまいます。

今一度、専門家としての自分と真摯に向き合ってみてください

 

4.ライバル商品を知ると推奨販売力が高まる

推奨販売品は、商品自体に訴求力がないことが多く(無名ブランドや地味なデザインなど)、お客さまに推奨販売品だけを見せながら説明しても響かない場合がほとんどです。

推奨販売品に説得力をもたせるには、「ほかの売れ筋商品や類似品との違い」をしっかり説明する必要があります。

推奨販売品とともにライバル商品の特性に関する知識を身につけておくと、推奨販売力が自然と高まりますよ

 

5.推奨販売がつらいという方へ

日々、真剣に仕事へ向き合っていること、すばらしいと思います。

ぜひ誰かにそのつらい気持ちを打ち明けてみてください。職場の同僚でも良いですし、話しにくければSNSなどの友人相手でも構いません。

大切なのは、今所属している職場の価値観や「当たり前」が世間のそれではないと知ることです。

ひとところで働いているとだんだん感覚がマヒしてしまい、客観的になれなくなってしまう場合もありますよ。

ほかの人と話すことで少し冷静に自分を見つめ直せるので、決して一人で抱え込まないようにしてくださいね。

 

 

【執筆者プロフィール】

profile

執筆者:村松早織(むらまつ・さおり)先生

名城大学薬学部卒業後、医療用医薬品総合卸において企業内薬剤師として勤務。主に医薬品管理や医療機関への情報提供、セールスたちへの研修を行う。
その後、空港内ドラッグストアにて勤務。接客の傍ら、新入社員・登録販売者教育や、インバウンド対策の一環として英語の教育も行う。
2016年に㈱東京マキアを立ち上げ、登録販売者や受験生向けの講義を中心に事業を展開している。
YouTubeの『やっけんちゃんねる』では、現在4,000人を超えるチャンネル登録者に向けて、市販薬についての情報発信を行っている。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2021-11-26

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-05

ドラッグストアで購入できる「抗体検査・抗原検査・PCR検査」キットの違いは?基礎知識も解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウイルスに感染しているのか、また過去に感染していたのかを調べる検査が全国で行われるようになりました。 主に行われているのが抗体検査や抗原検査、そしてPCR検査です。どれも似ているように見えますが、実はそれぞれの特徴があります。内容を理解せずに実施すると期待している結果が得られない可能性もあるため、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。 今回はそれぞれの違いと、陽性が出た場合の対処方法について詳しく見ていきましょう。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-04-14

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

コロナ禍が続くなかで、精神的に不安定になったり十分に眠れなくなったりしている患者さまが増えてきました。こうした症状は「コロナうつ」とも呼ばれ、精神科を受診する患者さまも増加傾向にあると言われています。 同じように、ドラッグストアや薬局にも抗不安薬を求めて来る方が見られるようになりました。しかし、抗不安薬に分類される薬は、市販薬にはありません。 今回は、抗不安薬を希望されるお客さまへの登録販売者の適切な対応や、市販薬の選び方について解説します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-03-09

かぜ薬と胃腸薬など、市販薬の飲み合わせがよくわかりません。飲み合わせの注意点を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第1回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第1回は、市販薬の飲み合わせに関する相談です。お客さまから質問を受けたとき、うまく答えられない登録販売者も多いのではないでしょうか。 鈴木先生に、代表的な飲み合わせについて具体例とともに解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-30

高血圧の薬を飲んでいる方への市販薬のすすめ方がわかりません。<鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第9回>

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第9回は、高血圧の薬を服用されているお客さまへの対応についてです。日本高血圧学会の調査では、2014年の高血圧治療者数は2,400万人と判明。注意が必要なOTC医薬品もあわせて教えていただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-01-14

PMSを緩和する市販薬はある?悩む方への対処方法についても解説【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

月経前に頭痛や体のだるさなどの不調を感じるPMSをご存知でしょうか。10代から40代女性の2人に1人はPMSに悩まされていることが株式会社ツムラの調査でもわかっています。 PMS治療は医療機関でも行えますが、それを知らなかったり、なかなか受診に踏み切れなかったりする方もいるかもしれません。今回は、PMSの治療方法や受診の前段として有効な市販薬について解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。