登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

現場で役立つ知識

2022-06-03

下痢に効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

メディカルリソース

・Before

・After

下痢に効く市販薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

気候が温かくなってくると、冷たいものを摂取する機会が増えたり、食中毒を起こしやすくなったりするため、下痢止めをお求めのお客さまが増えます。 しかし、下痢の症状に応じて、お客さまへ提案すべき薬の種類は大きく変わるもの。今回は、下痢の原因や下痢に効く市販薬の勧め方、薬ごとの特徴など幅広く解説していきます。

目次

  1. 下痢の種類とその原因
  2. 下痢や軟便に効く薬とは?
  3. 下痢止め薬や整腸剤の選び方
  4. <対応例>下痢止め薬を求めて来店されたお客様の対応
  5. 下痢は症状の原因を確認することが大切

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

下痢の種類とその原因

下痢の種類とその原因

下痢の原因にはさまざまな種類があり、それによって対応は変わります。

ここでは、3種類の下痢について簡単に見ていきましょう。

 

浸透圧性下痢

浸透圧性下痢とは、食べたものの浸透圧が高いために、腸で水分が十分に吸収されないまま排便されて起こる下痢です。

糖分の消化吸収が良くなかったり、人工甘味料を摂りすぎたり、乳糖不耐症の方が乳製品を摂ったりすることが原因です。

 

分泌性下痢

分泌性下痢は、腸管内の水分分泌量が増えることで起こります

アレルギーがある食品を摂取したり、細菌やウイルスに感染したりしたときに起こる下痢です。

 

運動亢進性下痢

運動亢進性下痢は、ストレスや冷え、暴飲暴食などで自律神経のバランスが崩れたときに起こり、多くは腹痛を伴います。

腸が過剰に動くことで水分がしっかり吸収されないまま排便されるため、下痢になってしまいます。

 

 

下痢や軟便に効く薬とは?

下痢や軟便に効く薬とは?

下痢や軟便があるとき、薬の選択肢は下痢止めや整腸剤がメインとなるでしょう。

しかし、それぞれの成分によって下痢を止めるメカニズムが違います。

つまり下痢の原因によって適切な成分が異なるため、成分の特徴をおさえておくことが大切です

 

下痢や軟便に効果的な薬は4種類

下痢や軟便に使用できる薬には、大きく分けて4つあります。以下に1つずつ紹介していきます。

 

腸内で過剰に分泌された水分を吸着する薬

浸透圧性下痢の場合は、腸内の水分を吸着させる成分が使用されます。

天然ケイ酸アルミニウムが代表的な成分ですが、こちらの成分が配合された市販薬はあまりありません

 

殺菌作用をもつ薬

分泌性下痢のように細菌感染が原因の下痢には、殺菌作用がある薬を選ぶと良いでしょう。

ベルベリンやアクリノール、木クレオソートなどが代表的な成分です。

 

腸のぜん動運動を抑制する薬

運動亢進性下痢のように腸が過剰に動いているときには、ぜん動運動を抑える成分が効果的です。

具体的な成分としては、ロペラミド塩酸塩やロートエキスが知られています

ロペラミド塩酸塩は医療用のロペミンと同じ成分です。

妊娠中でも、治療で使用する有益性が危険性を上回る場合に限り使用できる成分として知られています。

 

腸内環境を整える薬

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内環境を整えて善玉菌を増やす働きがあります

感染症や抗生物質の服用による下痢によく用いられる成分です。副作用はほとんどありません。

 

下痢止めと整腸剤の違い

下痢止め薬と整腸剤はどちらも下痢や軟便に使用されますが、働き方は大きく異なります。

下痢止め薬は、腸の動きを止めることで下痢を抑えます

細菌感染が原因となる下痢症状の場合は細菌やウイルスの排出を遅らせてしまうので、症状によっては選択するべきでないケースもあります

一方で整腸剤は、腸の動きには影響せずに善玉菌を増やし、腸内環境を整えるものです

即効性はありませんが、下痢症状が続く期間を短縮する効果が期待できます。

感染症が原因の下痢にも使用可能です

 

 

下痢止め薬や整腸剤の選び方

下痢止め薬や整腸剤の選び方

下痢止めは、症状に応じて適切な成分を選んでいく必要があります。

不適切な成分が含まれているものを選んでしまうと、症状が長引く原因となるので注意しましょう。

 

薬を使うほど症状がつらくない方

やり過ごせる程度の下痢でしたら、無理に下痢止めを使う必要はありません。

経口補水液で水分をしっかり摂り、乳酸菌やビフィズス菌が配合された整腸剤を使用するのも良いでしょう。

 

感染症の疑いがある方

細菌やウイルス感染症が原因と思われる場合は、整腸剤を選びます。

下痢止めを使用すると原因菌やウイルスの排出が遅れ、症状の悪化を招く恐れがあるため使用は避けます。

下痢だけでなく微熱や吐き気の症状もある場合は、まず感染症を疑ってください

夏場であれば、素手で握ったおにぎり、お寿司やお刺身などの生ものが原因となりやすいです。

食品に素手で触れることで黄色ブドウ球菌が繁殖し、摂取してから数時間程度で下痢の症状が現れます。

生ものは腸炎ビブリオが原因菌となりやすく、こちらは摂取してから12時間前後で発症することが特徴です。

 

急な下痢で困っている方

できるだけ早く確実に下痢を止めたい方には、下痢止めの使用が適しています。

ただし、感染症でないかどうかは必ず確認しましょう

ロペラミド塩酸塩やロートエキスは下痢をしっかり抑えてくれます。

効果を重視する方には、ロペラミド塩酸塩を勧めてみてください。

ロートエキスは抗コリン作用があるため、前立腺肥大症や緑内障の方には使用できないことに注意しましょう。

また、ロペラミド塩酸塩では眠気が、ロートエキスでは視調節障害や散瞳(瞳孔が大きくなる)などの症状が出ることがあるので、服用後に乗り物の運転をされる方にはベルベリンや次に紹介する木クレオソートを勧めます。

 

原因がわからない下痢で困っている方

感染症が原因であることを否定できない場合は、木クレオソートが主成分の下痢止めを選びましょう。

木クレオソートは腸の動きを止めることなく、下痢を抑える成分です

そのため、感染症が原因の場合でも問題なく使用できます。

 

 

経験者優遇求人特集

 

 

<対応例>下痢止め薬を求めて来店されたお客様の対応

<対応例>下痢止め薬を求めて来店されたお客様の対応

◆人物データ

 20代女性
 職業   :営業職
 既往症  :なし
 服用中の薬:整腸剤
 アレルギー:なし  
 症状   : 朝から下痢が続いている。吐き気や熱はない。
       もともとお腹を壊しやすいことに悩んでいる。

 

◆対応例

お客さま:
すみません、下痢止めが欲しいのですが…。

登録販売者:
下痢止めですね。いつもお使いのものはありますか?

お客さま:
とくにないんですけど、普段から整腸剤は飲んでいます。

登録販売者:
下痢の原因として思い当たるものは何かありますか?

お客さま:
昨晩食べたものがあたったのかな…。よくお腹を壊すんです。

登録販売者:
何かにあたった場合は、腸の動きを止める下痢止めは使えないので、腸の動きを止めずに下痢を抑える木クレオソートが主成分のものを使ったほうが良いですね。

お客さま:
では、それでお願いします。

登録販売者:
頻繁にお腹を下しているようでしたら、一度病院を受診しても良いかもしれません。
下痢になりにくくするお薬もあるので、合う薬が見つかると日常が楽になりますよ。

お客さま:
ありがとうございます。今度行ってみますね。

 

接客のポイント

下痢の症状で来られたお客さまへの対応の際には、必ず感染症でないかどうかを確認します

細菌やウイルスが原因の場合は下痢止めが使えないので、しっかりと覚えておきましょう。

今回のお客さまは原因がはっきりしなかったため、どのような下痢にも使える木クレオソートが主成分の商品を勧めました

頻繁に下痢の症状が出る場合は、過敏性腸症候群や生理周期に伴う腹痛の可能性も考えられます。

このような場合は、適切な治療を受けることで症状が改善されるため、受診も視野に入れるようにお伝えしましょう

 

病院に行くべき目安

次のような場合は、受診を促すようにしてください。

  • 便に血が混ざっている
  • 便の色が黒い
  • 吐き気や嘔吐、発熱もある
  • 同じものを食べた人も同時に下痢になった
  • 排便後にも腹痛が続く
  • 動いたり咳をしたりすると腹痛が強まる
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 激しい腹痛と下痢がある
  • 水分補給ができていない
  • 市販薬を使用して5~6日経過しても症状が改善しない

※高齢者や小児、持病のある方については、上記に当てはまらない場合でも受診勧奨を行いましょう

 

▼参考サイトはコチラ
一般社団法人日本臨床内科医会『下痢の正しい対処法』

 

 

下痢は症状の原因を確認することが大切

下痢症状にはさまざまな原因が潜んでいるため、お客さまへしっかりと聞き取りを行い、原因に則した治療薬を選択することが大切です。

下痢や腹痛の裏には、消化管出血や腹膜炎などが隠れていることもあります。

少しでも異変を感じたら受診を促すようにしましょう

 

【執筆者プロフィール】

執筆者:岡本妃香里

執筆者

薬学部を卒業後、都内の大手ドラッグストアで4年間勤務。毎日2,000人近くが来局する店舗でOTC販売を経験。現在は薬の正しい使い方や選び方を広めるために、執筆業をメインに活動。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2022-06-03

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-05

ドラッグストアで購入できる「抗体検査・抗原検査・PCR検査」キットの違いは?基礎知識も解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウイルスに感染しているのか、また過去に感染していたのかを調べる検査が全国で行われるようになりました。 主に行われているのが抗体検査や抗原検査、そしてPCR検査です。どれも似ているように見えますが、実はそれぞれの特徴があります。内容を理解せずに実施すると期待している結果が得られない可能性もあるため、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。 今回はそれぞれの違いと、陽性が出た場合の対処方法について詳しく見ていきましょう。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-04-14

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

コロナ禍が続くなかで、精神的に不安定になったり十分に眠れなくなったりしている患者さまが増えてきました。こうした症状は「コロナうつ」とも呼ばれ、精神科を受診する患者さまも増加傾向にあると言われています。 同じように、ドラッグストアや薬局にも抗不安薬を求めて来る方が見られるようになりました。しかし、抗不安薬に分類される薬は、市販薬にはありません。 今回は、抗不安薬を希望されるお客さまへの登録販売者の適切な対応や、市販薬の選び方について解説します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-07

登録販売者必見!記憶に残る漢方・生薬の覚え方

登録販売者試験の範囲でも覚えるのが難しい漢方・生薬。資格取得を目指している方はもちろんですが、すでに資格をもっている方にも必要な知識です。この記事では、漢方・生薬の重要性や記憶に残る覚え方、漢方の知識をどのように生かせるのかについて紹介していきます。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-12

【登録販売者向け】薬の成分はどうやって覚える?実務に生かせる勉強法を解説

登録販売者は、資格を取得したら勉強が終わるわけではありません。資格取得はあくまでスタートラインであり、お客さまからの相談に的確に答えられるようにするには資格取得後も勉強を続ける必要があります。しかし試験のときとは異なり、現場に出たあとの勉強をどのようにしたら良いかわからない方も多いでしょう。 そこで今回は、登録販売者が現場で生かせる勉強法について解説します。苦手に感じる方が多い薬の成分の覚え方も紹介しているので、ぜひ活用してください。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-01-14

PMSを緩和する市販薬はある?悩む方への対処方法についても解説【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

月経前に頭痛や体のだるさなどの不調を感じるPMSをご存知でしょうか。10代から40代女性の2人に1人はPMSに悩まされていることが株式会社ツムラの調査でもわかっています。 PMS治療は医療機関でも行えますが、それを知らなかったり、なかなか受診に踏み切れなかったりする方もいるかもしれません。今回は、PMSの治療方法や受診の前段として有効な市販薬について解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。