登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

現場で役立つ知識

2020-11-27

風邪薬・予防薬売り場のつくり方【ドラッグストアの売り場づくり】

メディカルリソース

・Before

・After

風邪薬・予防薬売り場のつくり方【ドラッグストアの売り場づくり】

季節の変わり目になると、体調を崩して風邪をひきやすくなります。新型コロナウイルスの感染拡大の影響から体調管理への関心も高まっており、「できるだけ早く風邪を治したい」と風邪薬や予防薬を求めて来店されるお客さまも多くなるでしょう。そんなニーズにしっかりと応えられるよう、効果的な訴求や提案を行っていかなければなりません。今回は、風邪薬・予防薬の売り場作りで押さえておきたいポイントや注意点についてまとめました。

目次

  1. 早めの風邪対策への重要性
  2. 風邪薬・予防薬の売り場をつくる前に確認しておくこと
  3. 風邪薬・予防薬の売場づくり
  4. お客さまのニーズに合わせた売り場づくりを

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

早めの風邪対策への重要性

早めの風邪対策への重要性

風邪は早めの対策が必要とよく言われますが、きちんとした理由があることをご存知でしょうか。そもそも風邪は、鼻やのどの粘膜へのウイルス感染・増殖で体の免疫が働くことにより炎症が起き、様々な症状を引き起こします。

鼻腔が炎症を起こせば鼻水やくしゃみ、のどの場合には痛みやせき、たんとなってあらわれます。風邪を治すのは体が持つ免疫力です。もし症状があるのに対処しないでいると、体力を消耗してしまい免疫が十分に働きません。そのため、症状が悪化したり治るのに時間がかかったりしてしまうのです。

風邪薬は症状を緩和するもので、風邪そのものを治すわけではありません。しかし、つらい症状を抑えることで体力の消耗を防げるので、早めの服用が効果的だといわれているのです。

風邪をひいて治らなければドラッグストアに行けばいいと考えている人もいます。しかし、症状がひどくなってしまうと、薬を買いに行くこともままならなくなります。

そのため、「風邪を引いたかもしれない」と感じたときは、できるだけ早く症状にあった薬を服用してゆっくり休養を取ることが重要です。

 

 

風邪薬・予防薬の売り場をつくる前に確認しておくこと

風邪薬・予防薬の売り場をつくる前に確認しておくこと

風邪薬・予防薬の売り場で展開する商品には数多くの種類があります。そのなかでも売れる商品・ブランドを中心に展開することによりお客さまに強く訴求できるので、売り場をつくる前に確認しておきましょう。

たとえば、以下のような商品は積極的に展開していくことをおすすめします。

・新商品など、プロモーションが積極的に行われている商品
・人気タレントがCMキャラクターの商品
・知名度の高い、定番ブランドの商品

 

とくにCM商品は商品名を覚えておらず、タレントの名前を指定して買いに来られるお客さまも見られます。情報は必ずチェックしておきましょう。

また近年、風邪薬は症状に合わせて適切な商品を選ぶ意識が定着しているので、今シーズンはどのような症状の風邪が多い傾向があるかも把握しておくと売り場づくりに役立ちます。

 

entry

 

 

風邪薬・予防薬の売場づくり

風邪薬・予防薬の売場づくり

風邪薬・予防薬の売り場で扱う商品には、総合感冒薬を中心に鼻炎薬や咳止めなどの症状特化型の商品、漢方薬、風邪向けの栄養剤などがあります。また、予防や緩和に役立つ衛生用品や健康食品なども関連展開が可能です。

ここからは、風邪薬・予防薬の売り場をどのようにつくっていけばいいか、3つのステップに沿ってご紹介します。

 

①風邪薬・予防薬の売場に効果的な商品の選出

まずは、風邪薬・予防薬の売り場でどのような展開を行うか取り扱う商品のカテゴリを決め、商品を選出します。

メインとなる風邪薬には、比較的大容量の常備薬向け定番商品や、症状別に複数の種類が発売されている総合感冒薬、比較的症状がひどくなっても対応できる効き目を重視した新商品などがあります。それぞれのニーズに対応できるよう、異なる特性の商品を選択しましょう

このとき、店舗の客層の特性にも配慮が必要です。ビジネスパーソンの来店が多い店舗では、手軽に購入できる小容量の薬や風邪のひきはじめ向けのドリンク剤が一定数売れます。

一方ファミリー層の多い店舗では子ども向け風邪薬のニーズが増えるので、家族全員で使える予防薬などと合わせて展開すると、ついで買いを誘発できます。

そうした関連商品については、昨年のデータやトレンドを意識して選択するといいでしょう。

また、エンド展開ではシーズンを意識することも大切です。たとえば冬場は、寒気のあるひきはじめの風邪に適した葛根湯がよく売れます。逆に夏場のお腹にくる風邪の流行時には、胃腸薬や整腸薬などを購入するお客さまも増えますので、これらを一緒に展開するのがおすすめです。

 

②効果的な陳列・レイアウト

風邪薬・予防薬の陳列は一般的に上からメインとなる総合感冒薬、その次に咳止めやのどケア商品など、続いてうがい薬など予防薬、サプリメントやしょうが湯・経口補水液などの食品類、最下段には冷却シートやアイスまくらなど比較的嵩のある関連商品を提案することが多いです。店舗規模や購買傾向にあわせて調整するといいでしょう。

なお風邪薬・予防薬はサイズが小さめな商品も多い傾向にあります。エンドで展開する場合には、お客さまが見やすいようにフェイスを十分に取って立体陳列しましょう。

陳列の上段は、ひな壇などを活用するとボリュームを出しながら視認性を高められます。症状別に発売されているシリーズ商品については、横に並べた際のレイアウトが比較になり効果的です。

また、積極的に売りたいPB商品は、比較対象であるNB商品の隣に陳列するのがおすすめ。お客さまの目に止まりやすくなり、価格面での訴求も行えます。お客さまにも説明しやすく便利です。

 

③販売促進につなげるPOPの活用法

風邪薬や予防薬の商品には、たとえば総合感冒薬のなかでもとくにのど症状に向けた商品や鼻症状に向けた商品などがあります。

この場合、POPで強調することでお客さまが自分にあった商品を選びやすくなります。メーカーの販促物なども活用しながら、一目でわかるように陳列しましょう。

また、「1日2回服用」「眠くなる成分は入っていません」などの商品特性も一定のニーズがありますので、POPでの強調がおすすめです。

一般的なドリンク剤と比較して認知されにくい風邪向けの栄養ドリンクも、カフェインが入っていないことや風邪薬と一緒に飲めることを訴求すると購買につながりやすくなります。

POPは情報提供にも積極的に活用しましょう。たとえば以下のような情報があると良いでしょう。

・自分の症状に合った商品が選べるチャート
・備えるべきものがわかるチェックリスト

 

お客さまが自分の買うべき商品がわかり、関連商品の売上げにもつながります。また薬を服用する以外に、睡眠や食事など風邪を治すために必要な情報を提供することもおすすめです。

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

お客さまのニーズに合わせた売り場づくりを

今回は「風邪薬・予防薬の売り場づくり」について解説しました。風邪薬や予防薬は年間を通じてニーズがありますが、季節の変わり目、とくに寒くなる秋から冬にかけて販売数がぐっと増えます。

来店されたお客さまが自分に必要な商品を探せるよう、POPなどの販促物を積極的に活用してわかりやすい売り場づくりを心がけましょう

セルフメディケーションの考え方が浸透してきたことで、風邪をひいたときには早めに市販薬で対応するという人も増えてきました。

さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、医療機関の受診はできるだけ避けるという動きは今後さらに高まるかもしれません。

お客さまに合った商品の提案のみならず、必要な情報も積極的に提供し、お店への信頼を勝ち取りましょう。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-11-27

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-05

ドラッグストアで購入できる「抗体検査・抗原検査・PCR検査」キットの違いは?基礎知識も解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウイルスに感染しているのか、また過去に感染していたのかを調べる検査が全国で行われるようになりました。 主に行われているのが抗体検査や抗原検査、そしてPCR検査です。どれも似ているように見えますが、実はそれぞれの特徴があります。内容を理解せずに実施すると期待している結果が得られない可能性もあるため、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。 今回はそれぞれの違いと、陽性が出た場合の対処方法について詳しく見ていきましょう。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-04-14

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

コロナ禍が続くなかで、精神的に不安定になったり十分に眠れなくなったりしている患者さまが増えてきました。こうした症状は「コロナうつ」とも呼ばれ、精神科を受診する患者さまも増加傾向にあると言われています。 同じように、ドラッグストアや薬局にも抗不安薬を求めて来る方が見られるようになりました。しかし、抗不安薬に分類される薬は、市販薬にはありません。 今回は、抗不安薬を希望されるお客さまへの登録販売者の適切な対応や、市販薬の選び方について解説します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-07

登録販売者必見!記憶に残る漢方・生薬の覚え方

登録販売者試験の範囲でも覚えるのが難しい漢方・生薬。資格取得を目指している方はもちろんですが、すでに資格をもっている方にも必要な知識です。この記事では、漢方・生薬の重要性や記憶に残る覚え方、漢方の知識をどのように生かせるのかについて紹介していきます。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-12

【登録販売者向け】薬の成分はどうやって覚える?実務に生かせる勉強法を解説

登録販売者は、資格を取得したら勉強が終わるわけではありません。資格取得はあくまでスタートラインであり、お客さまからの相談に的確に答えられるようにするには資格取得後も勉強を続ける必要があります。しかし試験のときとは異なり、現場に出たあとの勉強をどのようにしたら良いかわからない方も多いでしょう。 そこで今回は、登録販売者が現場で生かせる勉強法について解説します。苦手に感じる方が多い薬の成分の覚え方も紹介しているので、ぜひ活用してください。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-01-14

PMSを緩和する市販薬はある?悩む方への対処方法についても解説【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

月経前に頭痛や体のだるさなどの不調を感じるPMSをご存知でしょうか。10代から40代女性の2人に1人はPMSに悩まされていることが株式会社ツムラの調査でもわかっています。 PMS治療は医療機関でも行えますが、それを知らなかったり、なかなか受診に踏み切れなかったりする方もいるかもしれません。今回は、PMSの治療方法や受診の前段として有効な市販薬について解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。