登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

登録販売者の働き方

2021-08-27

【ドラッグストアの働き方】「転勤あり」の職種を選ぶ5つのメリット

メディカルリソース

・Before

・After

【ドラッグストアの働き方】「転勤あり」の職種を選ぶ5つのメリット

とくに大手のドラッグストアでは、選択した働き方によって転勤がある場合も少なくありません。転勤をともなう職種は負担が大きいと敬遠される方もいますが、実は多くのメリットがあります。 今回は、ドラッグストアで選択できる「転勤あり」の職種・ナショナル職の概要やメリットについてお伝えします。

目次

  1. 企業が全国転勤を行う目的は?
  2. ドラッグストアで選べる働き方とは?
  3. ナショナル職は人気がない?その理由とは
  4. 転勤ありのナショナル職を選ぶ4つのメリット
  5. 入社後に職種区分は変更できる?
  6. 「転勤あり」のみで敬遠せず、まずは情報収集を

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

企業が全国転勤を行う目的は?

企業が全国転勤を行う目的は?

まずは、企業が全国転勤を行う目的について見ていきます。転勤は企業にとってコストのかかる施策ですが、それでも行う理由はどこにあるのでしょうか。

 

社員の育成

1つ目は、社員に様々な経験を積ませ成長を促すためです

様々な人との関わりで対人スキルを磨いたり、環境変化への対応力を身につけたりして、ゆくゆくは企業を背負って立つマネジメント人材を育成したいと考えています。

 

最適な人材配置

全国転勤によって、エリア内に限定されず必要な人材を必要なポジションに配置することができます。

また、社内での人材の偏りを防ぐ効果もあるでしょう。

 

組織の活性化

社員が一定期間で入れ替わることで店舗の雰囲気に変化が生まれ、組織の活性化が期待できます

売り上げの悪い店舗や人間関係が悪化している店舗などは、人員の入れ替えによって状況が好転する場合も少なくありません

 

 

ドラッグストアで選べる働き方とは?

ドラッグストアで選べる働き方とは?

働き方改革が進むにつれ、全国に店舗を展開する大手ドラッグストアでは、多くの企業で正社員に複数の職種区分が設けられ自分に合った働き方が選択できるようになりました。

企業によって呼び方や範囲が異なることもありますが、一般的に次のように区分されています。

 

エリア職/社員

エリア職は、転居を伴う転勤のない職種区分です。働く事業所の変更はありますが、自宅から通える一定の範囲に限られています

現在の生活環境を変えずに働きたい方や、通勤時間の心配をしたくない方、地元密着で働きたい方に適した働き方です。

 

リージョナル職/社員

リージョナル職は、転勤はあるものの範囲が一定の拠点地域内に限られる職種区分のことを言います。

範囲は企業によって異なりますが、たとえば隣接県まで、直線距離で100km以内などの規定があり、エリア職よりも広い範囲で働くことになるでしょう。

異動は問題ないものの、拠点から大きく離れることは難しいといった場合に適した職種区分です

 

ナショナル職/社員

ナショナル職は全国転勤が発生する職種区分です。全国各地で働く可能性があり、多様な経験を積める働き方と言えるでしょう。

年収や昇級などで優遇される場合が多いため、キャリアアップを目指す方に向いています

 

 

経験者優遇求人特集

 

 

ナショナル職は人気がない?その理由とは

ナショナル職は人気がない?その理由とは

前述の通り転勤が伴うナショナル職は、避けたいと考えている方が少なくありません。その理由について見ていきましょう。

 

引っ越しや各種手続きなどの手間がかかる

引っ越しには、準備や荷造り・荷ほどきなど大きな手間がかかります

さらに、引っ越し後には役所での住所変更など、各種手続きに追われることになります。

転勤のたびにこれらの手間が発生すると、負担に感じてしまうこともあるでしょう。

 

職場での人間関係を一から作りなおす必要がある

転勤があるたびに、新しい土地で人間関係を構築しなければなりません。

店舗スタッフとの関係のみならず、お客さまからの信頼を獲得するにもある程度の時間がかかるでしょう。

 

プライベートの環境も大きく変わる

職場環境だけでなく、プライベートの知人、友人関係にも変化があるでしょう。

家族とともに転居する場合には、家族それぞれの環境も変わるので配慮が必要になります

また人間関係だけでなく、信頼できる病院や美容院などの施設も新しく探さなければなりません。

 

 

転勤ありのナショナル職を選ぶ4つのメリット

転勤ありのナショナル職を選ぶ4つのメリット

前述の通り、全国転勤は公私ともに負担がかかることは否定できません。

一方で、転勤ありのナショナル職には多くのメリットがあります。それぞれ見ていきましょう。

 

ほかの職種に比べ給与が高い

ナショナル職は全国転勤があることから、ほかの職種に比べて基本給与が高く設定されています

企業によっては70万円~100万円ほど優遇されている場合も。また、賞与の算定にも差があったり、手当が支給されたりする企業もあります。

 

キャリアアップが早い

企業はマネジメントを任せる社員を選ぶ際に、モチベーションの高さや店舗経験の豊富さなども1つの基準として見ています。

ナショナル職を選択することでどちらもアピールできるため、ほかの職種に比べてキャリアアップも早くなる可能性が高いと言えるでしょう。

とくに店舗拡大中の企業では、転勤で新店の店長に抜擢されることも少なくありません。

また、企業によっては役職に就くためにはナショナル職が条件とされる場合もあります

よりやりがいの大きな仕事にチャレンジできることもナショナル職を選ぶメリットです。

 

新しい人間関係ができる

転勤によって全国各地に人脈が広がります。仕事上の人間関係はもちろんプライベートでも新たな交流の機会が増えると、今後も様々な場面で助けられるでしょう。

また、多くのスタッフが一緒に働くドラッグストアでは、人間関係に問題が生じストレスになるケースも少なくありません。

しかし転勤があれば働く環境をリセットできるため、問題を抱えたまま働き続けずに済むことも大きなメリットです

 

引っ越し費用や家賃を会社が補助してくれる

原則、引っ越し費用は企業が多くの部分を負担してくれます。

加えて、家賃補助や社宅が利用できる企業もあります。なかには家賃の8割が企業負担になる場合も。

社宅が利用できれば引っ越しが増えても敷金・礼金や更新料などの出費もなく、住居費を大きく節約できるでしょう。

 

 

高年収求人特集

 

 

入社後に職種区分は変更できる?

入社後に職種区分は変更できる?

ナショナル職やエリア職などの職種区分は入社時に選択できます

しかし、実際に働き出してみると「もっと活躍したい」「ライフステージに合わせた働き方がしたい」と感じることもあるかもしれません。

そのような場合には、職種区分の変更申請ができる会社がほとんどです

毎年や3年ごとなど、定期的にキャリアの見直しができるようになっています。

入社時はナショナル職でキャリアアップを図り、子育て期はエリア職に変更するなど、自身に合った働き方を実現できるでしょう

 

 

「転勤あり」のみで敬遠せず、まずは情報収集を

ドラッグストアを運営する多くの企業では、転勤あり・なしの職種区分を希望に応じて選択できます。

全国転勤ありの働き方は大変というイメージが一般的ですが、そのぶんキャリアアップや給与面で得られるメリットも大きいものです

また、全国各地で働くことにより様々な経験ができ、仕事においてもプライベートにおいても大きな財産となるでしょう。

職種区分は、自身の希望やライフステージに応じて柔軟に変更することもできます。

ぜひ全国転勤可能な働き方ができるナショナル職にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2021-08-27

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

登録販売者の働き方

2020-07-27

登録販売者の資格は失効する?ブランクはいつまでなら大丈夫?復帰を目指す人へ徹底解説!

休職していて復帰を目指す方にとって、復職後、スムーズに仕事に戻れるか?家庭と仕事を両立できるか?など悩みはつきものです。なかでも登録販売者にとっては、長期間の休職で資格は失効しないのか、ブランク期間はいつまでに抑えた方がいいのかなども気になるポイントではないでしょうか。 そこで今回は、登録販売者の資格失効有無や正規の登録販売者になるための要件などを解説していきます。ぜひ復職の参考にしてみてください。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

登録販売者の働き方

2021-06-30

調剤薬局での登録販売者の仕事とは?実務経験は積めるのか

登録販売者の就職先の一つとして、調剤薬局があります。しかし、調剤薬局は一般用医薬品の販売がメインではなく、また薬剤師がいることなどから、ドラッグストアなどの小売店とは業務内容が大きく異なります。 今回は、登録販売者が調剤薬局に就職した場合の業務内容に焦点を絞り、実務経験を積んでキャリアを継続したい場合の注意点を解説します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

登録販売者の働き方

2021-06-29

登録販売者の業務従事証明書とは?提出までの一連の流れ

登録販売者試験に合格後、登録販売者として働くためにはさまざまな書類を提出します。また、働き始めた後も、外部研修を受けた受講証明書や修了証などが必要です。 そこで今回は、「実務従事証明書」「業務従事証明書」をはじめとした各種書類の提出タイミングや提出先などをまとめました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

登録販売者の働き方

2020-08-24

登録販売者が活躍できるドラッグストア以外の職場とは?

登録販売者の勤務先として最もイメージしやすいのはドラッグストアではないでしょうか。ドラッグストアは求人数も多く働きやすい職場ですが、近年では製薬会社や介護施設など、活躍の場はどんどん広がっています。 この記事では登録販売者資格を生かせるドラッグストア以外の職場と、業務内容について紹介していきます。登録販売者としてのキャリアアップや今後の働き方を考えている方はぜひ参考にしてください。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

登録販売者の働き方

2021-06-28

登録販売者の離職率はどれくらい?離職した後の転職は大丈夫?

登録販売者を目指す方にとって、試験合格後の就職先や離職率は非常に気になるポイントの一つでしょう。また、登録販売者として就業されている場合でも、仕事に悩みがあり他業種への転職を考えているかもしれませんね。そこで今回は、登録販売者の現状と離職率や、登録販売者が退職を考える理由について解説します。 また、一般用医薬品を販売する小売業界の市場や登録販売者の採用状況にもふれ、登録販売者が転職に「強い」といわれる理由をさぐります。転職でキャリアアップをねらう方も、ぜひ参考にしてみてください。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。