登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

著名人コラム

2022-09-22

ドラッグストアの棚替えのコツは?適した時期や注意点、棚割りの考え方も解説<登録販売者向け>

メディカルリソース

・Before

・After

ドラッグストアの棚替えのコツは?適した時期や注意点、棚割りの考え方も解説<登録販売者向け>

ドラッグストアで働く登録販売者の業務のなかで、「棚替え」は多くの手間と時間がかかるものの一つです。大がかりな棚替えから日常的なものまでさまざまですが、その効率的な進め方にはいくつかの共通点があります。今回の記事では、棚替えの目的や時期、効率的な進め方のコツや注意点、それに伴う「棚割り」の基本的な考え方について説明します。ぜひ棚替え業務の際に活かしてください。

目次

  1. ドラッグストアでの「棚替え」とは
  2. 棚替えの基本的な手順
  3. 棚替えを効率的に行うコツは?
  4. 棚替えを行うときの注意点
  5. 棚替えで必要な「棚割り」とは?
  6. 棚替えでお客さまが訪れたくなる店にするために

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

 

ドラッグストアでの「棚替え」とは

ドラッグストアでの「棚替え」とは

棚替えとは、取り扱い商品を入れ替えたり、同じ棚のなかで並び替えたり展開する場所を替えたりすることです。

まずは、棚替えの目的や時期について見ていきましょう。

 

棚替えの目的

棚替えは、店の規模にもよりますが一般的に多くの手間と時間がかかるものです

それではなぜ棚替えをする必要があるのでしょうか。

 

【理由1】商品の入れ替えのため

以下のような狙いで、棚替えを行います。

  • 新商品を展開する
  • 売れ筋商品・売り筋商品※を強化する(より目につきやすくする)
  • 死に筋商品を縮小する
  • カット商品※を撤去するなど

 ※売り筋商品…売りたい商品、販売強化商品(推奨品)
 ※カット商品…店頭から撤去する商品

 

【理由2】季節感を演出するため

ドラッグストアでは季節によって売れる商品が異なります。

それらを目につきやすく展開して、季節感を演出するのも棚替えの大事な役目です。

夏には制汗剤や紫外線対策商品、冬には保湿剤や使い捨てカイロなどの防寒商品を店頭に並べるなどの工夫は、効果的な演出だと言えます。

 

【理由3】新鮮さや目新しさを演出するため

1年間を通して、いつも商品が同じところに並んでいると、店内を見る楽しさやワクワク感が薄れてしまいます

来店時、お客さまは新しい商品や情報、お得な商品などに出会えることを期待しています。

棚替えによって店舗全体の目新しさを演出するのはとても大事です。

 

時期(タイミング)

次に、棚替えの時期について見てみましょう。

 

●大規模な棚替えの場合

通常は年2回、3月と9月に行われることが多いようです。

3月の棚替えは春夏用の商品展開のため9月の棚替えは秋冬用の商品展開のために行われます。また、新商品もこの時期に合わせて多く発売される傾向があります。

さらに、近隣での競合店のオープンも棚替えのきっかけになります。これは自店のお客さまが新しい店へ流出してしまうのを防ぐためです。

お客さまが競合店に行ったあとも自店を利用してもらえるよう、棚替えによって新鮮さを訴求するのです。

通常、競合店のオープン後に自店の棚替えをするのが効果的だと言われています

 

●小規模な棚替えの場合

必要に応じて、1~3か月に一度くらいの頻度で行います。

定番商品は年2回の大規模な棚替え時に入れ替えれば良いのですが、非定番商品(季節商品、プロモーション商品など)は必ずしもそのタイミングが適しているとは限りません。

夏直前や冬直前、各月の新商品発売時などが良い場合もあります

 

 

棚替えの基本的な手順

棚替えの基本的な手順

それでは棚替えの基本的な手順を見てみましょう。大規模な棚替えも小規模な棚替えも、基本的には同じ手順になります。

 

基本的な手順

基本的な棚替えの手順は次の通りです。改めて確認しておきましょう。

 

●Step1:事前の段取り組み

まずは、事前に必要な以下の作業を行います。

  1. 棚替えのリーダー(責任者)を任命する・人員を確保する
  2. 指示書の内容を全員が確認する
  3. 各担当者が棚替えの順番を決定する
  4. 必要な備品や一時下げ商品を置いておく場所を確保する
  5. 指示書のフェイスを確認し、必要に応じて指示書を修正する

 

●Step2:棚替えの実施

  1. 棚替え前にミーティングを実施する(棚替えの場所と担当者、終了予定時間の確認など)
  2. カット商品をバックヤードに撤去する
  3. 棚替え商品を下げて棚を空ける
  4. 入れ替え商品を指示書に従って陳列する

  ※棚ごとに(2)~(4)を繰り返す

 

●Step3:棚替え後の業務処理

  1. バックヤードにあるカット商品、既存商品の在庫を整理する
  2. 必要なPOP、プライスカードを作成してつける
  3. 棚替えに使用した備品を整理して保管する
  4. 棚替え後にミーティングを実施する(未処理案件の確認、次回棚替えに向けての反省点のまとめなど)

 

 

棚替えを効率的に行うコツは?

棚替えを効率的に行うコツは?

棚替えをスムーズに進めて作業時間を短縮するポイントは、事前準備(=段取り)に時間をかけることです。

それでは、棚替えの前と当日とに分けて取り組むべきポイントを見ていきましょう。

 

【事前にできること】

(1)指示書通りのフェイスで実際に並べられるかを、バックヤードなどで確認します。

もし商品が並びきらなかったり、棚が余ってしまったりする場合は、並べる商品の数などを調整して指示書を修正しておきましょう。

 

(2)店内の商品移動を楽にするために、可動式のカートやワゴンを用意しておきます

また、一時的に下げた商品のオリコンなどを置ける場所をバックヤードに確保しておくと良いでしょう。

 

(3)棚替え後につけるPOPやプライスカード、カテゴリークリップなどは予め作成しておきます。

 

(4)カット商品の発注を止めて、在庫を少なくしておきましょう

定番商品も品切れが起きた場合を除いて、できるだけ棚替え後に納品されるように日程を調整します。

 

【当日にできること】

(1)棚替えを営業時間内に行う場合は、できるだけお客さまの少ない曜日や時間帯を選びます。

営業時間中の棚替えは、お客さまの買い物を妨害してしまう可能性があるため注意が必要です。

 

(2)棚替えのリーダーは、当日の進行状況を常に把握します

遅れているところへ助言したり、早く終わったスタッフや手の空いているスタッフにヘルプの指示を出しましょう。

 

(3)棚への商品陳列の方法は2パターンあります。

1つは下段から在庫も含めて商品を置いていき、徐々に上の段の商品を展開していく方法です。もう1つは、すべての棚段のフェイスを先に決めて、そのフェイスに合わせて在庫を補充する方法です。

商品の大きさや重さなどを考慮し、これらの方法を組み合わせて効率的に進めるのが良いでしょう。

 

 

経験者優遇求人特集

 

 

棚替えを行うときの注意点

棚替えを行うときの注意点

棚替えを行うときには、次の3点に注意しましょう。

(1)一時的に下げた商品を床などに直接置かず、オリコンや段ボールケースのなか、カート・ワゴンの上に置きましょう

いずれお客さまの手に渡る商品なので、大事に扱うのが肝要です。

 

(2)入荷待ちの商品の陳列スペースを空けたままにするのは避けましょう

隣に陳列する商品のスペースを一時的に広げて空きを埋めたり、「○日入荷予定」「入荷待ち」などの小さなPOPを棚に立てておきます。

 

(3)営業時間中に棚替えをする場合は、お客さまから声を掛けられることもあるでしょう。そのような場面では、必ず接客を優先します。

また、お客さまとすれ違うときや退店時、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの挨拶を忘れずきちんと伝えましょう

 

 

棚替えで必要な「棚割り」とは?

棚替えで必要な棚割りとは?

棚割りとは、各棚に何の商品を何列陳列するか決めることです。通常、棚替え時には、指示書で棚割りが指定されているケースが多いです。

しかし、ときには指示書通りに商品を並べられないこともあるのではないでしょうか。そうした場合に備えて、次の基本的な考え方を理解しておきましょう。

 

【棚割りを決めるときの流れ】

(1)什器のレイアウトの見直し
店内をお客さまにできるだけ長く歩いていただくための什器配置を考えます。

(2)商品分類に沿った商品レイアウトの見直し
関連性のある商品分類の商品群を近くに置くことを基本として、什器ごとに置く商品群を決めます。

(3)売れ筋商品・売り筋商品を強化するための棚割りの見直し
什器の各棚に置く商品の棚割りを、売れ筋商品・売り筋商品を中心に決めていきます。

 

店として売りたい商品を強く訴求できるように、お客さま視点で買いたい商品が見つけやすくなるような棚割りを決めるのが重要です。

 

 

棚替えでお客さまが訪れたくなる店にするために

ドラッグストアを取り巻く環境は、近年ますます変化しています。

こうした状況下で生き残っていくためには、お客さまにとって「便利」「必要」「行きたくなる」店舗を作るのが重要です

具体的には、欲しい商品が安定して置いてあったり、新しい商品やその使い方が紹介されていたり、知らなかった商品と出会えたりすることが求められるでしょう。

既存のお客さまにより多く足を運んでもらいつつ、新規のお客さまを引きつけるためにも、棚替えは大きな効果をもたらしていると言えます。

今回の記事を参考に、今後はぜひ棚替えの効率化や棚替えによるお客さま満足度の向上を意識して取り組んでみてください

 

【執筆者プロフィール】

執筆者:髙橋 靖信(たかはし・やすのぶ)さん

髙橋 靖信さん

株式会社髙橋店舗経営コンサルティング 代表取締役
店舗経営 幹部育成コンサルタント/店舗体幹®トレーナー

大学卒業後、東急百貨店を経てタワーレコード、ディズニーストアなどの店舗運営に従事し、責任者として実績を残す。2017年に株式会社髙橋店舗経営コンサルティングを設立し、小売業/飲食業/サービス業における店舗ビジネスのサポートを開始。

店舗経営の幹部育成と現場のレベルアップを目指し、毎月40~50名の幹部・店舗責任者と店舗経営の改善に取り組む。「1.店舗運営」「2.人材育成」「3.ブランディング」の3つの領域で、各社の企業文化に合わせた課題解決を心がけ、結果につなげている。

【現場のお役立ち情報はコチラ】
『店舗経営者のための幹部育成コラム集』

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2022-09-22

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-03-09

かぜ薬と胃腸薬など、市販薬の飲み合わせがよくわかりません。飲み合わせの注意点を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第1回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第1回は、市販薬の飲み合わせに関する相談です。お客さまから質問を受けたとき、うまく答えられない登録販売者も多いのではないでしょうか。 鈴木先生に、代表的な飲み合わせについて具体例とともに解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-30

高血圧の薬を飲んでいる方への市販薬のすすめ方がわかりません。<鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第9回>

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第9回は、高血圧の薬を服用されているお客さまへの対応についてです。日本高血圧学会の調査では、2014年の高血圧治療者数は2,400万人と判明。注意が必要なOTC医薬品もあわせて教えていただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-22

ドラッグストアの棚替えのコツは?適した時期や注意点、棚割りの考え方も解説<登録販売者向け>

ドラッグストアで働く登録販売者の業務のなかで、「棚替え」は多くの手間と時間がかかるものの一つです。大がかりな棚替えから日常的なものまでさまざまですが、その効率的な進め方にはいくつかの共通点があります。今回の記事では、棚替えの目的や時期、効率的な進め方のコツや注意点、それに伴う「棚割り」の基本的な考え方について説明します。ぜひ棚替え業務の際に活かしてください。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-04-08

医療用医薬品と市販薬の飲み合わせがわからず、受診勧奨してしまいます。どのように勉強すれば良いでしょうか?【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第3回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第3回は、医療用医薬品と市販薬の飲み合わせに関する相談です。登録販売者にとって、医療用医薬品に関する知識の習得と指導は難しく感じられるのではないでしょうか。鈴木先生に、医療用医薬品と市販薬の飲み合わせの勉強方法についてわかりやすく解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-15

登録販売者におすすめの勉強方法と医薬品知識を接客に活かすコツを教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第2回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第2回は、資格取得後の勉強方法とお客さまへの正しい対応についての相談です。 登録販売者は資格を取れば終わりではなく、日々更新される新しい薬の情報を学び続ける必要があります。でも、「業務に追われるなかでどうやって新しい知識をインプットすれば良いのかわからない」「知識をつけても、いざお客さまに聞かれると出てこない」と感じることもありますよね。 今回は、鈴木先生に登録販売者におすすめの医薬品の覚え方と接客に活かすコツについてアドバイスをいただきました。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。