登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

業界情報

2020-04-14

【2020年4月速報】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

メディカルリソース

・Before

・After

【2020年4月速報】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

2020年3月27日、登録販売者の経過措置の延長と、管理者要件の緩和・実務経験の算定基準の変更が発表されました。この記事では経過措置延長の内容と、管理者要件の緩和・実務経験の新しい計算方法を詳しく説明します。2014年以前の合格者で経過措置の対象者や、登録販売者の経験が長い方にとって、今回の改定はチャンスです!転職市場での需要が高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

目次

  1. 経過措置の延長決定の経緯
  2. 経過措置が延長になった!何をすればいいの?
  3. 実務経験の数え方
  4. そもそも登録販売者の「管理者要件」とは?
  5. 管理者要件を満たしたら?その後のキャリアをシュミレーション
  6. まとめ

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

経過措置の延長決定の経緯

厚生労働省では経過措置の延長に関して2020年2月4日から3月4日までパブリックコメントを募集していました。

パブリックコメントとは、国の行政機関が法令や症例などを定める前にその案を公表し、国民に広く意見を募る制度のことです。集まった意見は、国民の権利利益の保護に役立てるとされています。

今回募集されたパブリックコメントとは、「2014年以前の登録販売者試験に合格した者の実務経験に関する特例を、現在の経過措置期限である2020年3月から最大2年間延長する」という法令案に対するものでした。

そして3月27日、パブリックコメントの結果を踏まえ、法令案が公布されました。正式に経過措置の登録販売者の店舗管理要件が2021年8月1日まで延長されることが決まったのです。

 

※管理者要件とは…一般用医薬品を販売する際に管理者からの指導なしに販売するための条件。詳細については記事の後半で解説します。

 

 

経過措置が延長になった!何をすればいいの?

経過措置が延長になった!何をすればいいの?

これまでの法律では、2014年以前に登録販売者資格を取った人への経過措置は2020年3月で終了するとされていました。実務経験を積まなければ2020年3月末の時点で研修中の登録販売者に戻ってしまうという内容です。しかし、今回の経過措置の延長により2014年以前の合格者は引き続き管理者要件を満たしていられることになりました。

 

登録販売者の経過措置と管理者要件

第1回目の登録販売者試験がおこなわれた2008年から2014年にかけては、登録販売者試験を受ける際に高卒以上の学歴や実務経験が必要でした。そして、試験に合格後はブランク期間が何年あっても、管理者要件を満たす登録販売者として再就業することが可能だったのです。

しかし、法改正後の2015年以降の試験では受験資格に学歴や実務経験は要求されないものの、経験が十分でない者は店舗管理者になれないとされていました。そして、2014年以前の合格者については、経過措置が適用されることになったのです。

経過措置とは、2020年3月末までは実務経験の期間に関わらず店舗管理者になれるものの、2020年4月からは「直近5年以内に2年以上(月80時間以上の実務経験)」がないと管理者要件を満たさず、店舗管理者になれないというものでした。今回の省令で、この期日が「2020年3月末」から「2021年8月1日」に変更になったのです。

 

2014年以前に登録販売者試験に合格した人はこれからどうするべきか

2014年以前に登録販売者試験に合格した人が、2021年8月の時点で管理者要件を満たさない場合であっても、登録販売者の資格を失うわけではありません。また、2016年8月から2021年8月の5年間に積んだ実務経験は実務経験の時間数に加算できます。

しかし、管理者要件を満たしていない以上、店舗管理者になることはできません。また、一人で医薬品を販売することもできず、名札も「登録販売者(研修中)」に変更しなくてはなりません。

このようなリスクを避け、2021年8月以降も管理者要件を満たす登録販売者として働き続けるためには、「直近5年以内に2年以上(累計1920時間以上)の実務経験」という要件を満たす必要があります。

しかし、経過措置の対象者で、現在実務経験を全く積んでいない人は、下図の通り、すぐに働き始めても2021年の8月時点では管理者要件を満たすことはできません

経過措置対象・実務経験0ヶ月の場合

離職中の人は少しでも早く実務に戻り実務経験年数を増やすことが重要です。店舗管理者要件を満たしている方への求人数は豊富にありますが、2021年8月を迎えて研修中の登録販売者になったあとでは応募できる求人が大幅に減ることが予想されるためです。

 

 

実務経験の数え方

経過措置の延長と同時に発表されたのが、実務経験の数え方の変更です。それに伴って、店舗管理者要件を満たす基準が変更になりました。

 

旧基準と新基準はどこが違う?

実務経験の数え方が変わったことで、店舗管理者要件が変更になった点は以下の通りです。

【店舗管理者要件】

旧基準
:直近の過去5年以内に、24ヶ月以上の実務経験を積んでいること。
 ※月に80時間以上勤務している場合にのみ実務経験として認められる。

新基準
直近の過去5年以内に2年以上の経験があり、累計1920時間以上勤務していること

 

月ごとに80時間以上とされていた旧基準の勤務時間規定がなくなっています。これは、ドラッグストアなどでの変則的なシフト勤務の実績を踏まえて、変更になったものです。

 

どんな人が管理者になれるのか

 今回の法改定により、管理者要件を満たす人が増えたことが予想されます。では実際に、どのような人が管理者になれるようになったのでしょうか。

 

[例1] 毎月32時間の実務経験を5年間積み続けてきていた方

 旧基準では、月に80時間の勤務をしていなければ実務経験に加算できませんでした。ですが、新基準で計算すると、32時間×12ヶ月×5年で、1920時間となります。実務経験の時間数の基準に到達しており、また2年以上の経験もあるため、管理者要件を満たすことになります。

 

[例2] 本社での事務作業と店舗での実務があって、店舗だけの実務では月の労働時間が80時間に満たないこともある方

 旧基準ではどんなベテラン登録販売者でも月に80時間以上実務に携わらなければ、実務経験に加算できませんでした。しかし、今回の改正によって、店舗での勤務を時間単位で加算できるようになりました。そのため、例えば繁忙期には160時間の店舗勤務があっても閑散期は月に10時間程度などの場合でも、実務経験を着実に積むことが可能です。

この方の場合は、毎月の実務時間数を勤務先の企業に出してもらって、累計時間数が1920時間を超えるかどうか確認する必要があります。

 

どんな人は管理者になれないのか

 今回の改訂で気をつけなければいけないのが「2年以上の経験」は旧基準と変わらず必要であるという点です。特に気をつけてほしいのは下記の「例」に当てはまる方です。

 

[例] 累計1920時間を超える勤務をしているが、経験年数が2年に満たない方

 例えば毎月180時間程度の店舗勤務を1年間した場合、累計の実務時間数は180時間×12ヶ月で2160時間ですから基準の1920時間を超えています。しかし、経験年数が2年に満たないため管理者要件は満たしていません

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

そもそも登録販売者の「管理者要件」とは?

 この項では、改めて「店舗管理者」と、店舗管理者になるために必要な「管理者要件」について解説します。

 

薬局やドラッグストアなどで設置が義務付けられている「店舗管理者」

薬局やドラッグストアなど、一般用医薬品を販売している店舗では、必ず「店舗管理者」を一人設置しなければなりません。

店舗管理者の具体的な業務内容は以下の3つです。

  • 勤務する薬剤師、登録販売者など他すべての従業員の監督
  • 店舗の構造設備、医薬品などの物品管理、業務に必要とされるものに対する注意喚起
  • 保健衛生上の支障を防ぐために、店舗販売業者に対して必要な意見を述べること

 

「管理者要件」を満たす登録販売者のみが店舗管理者になることができる

店舗管理者になれるのは、薬剤師または管理者要件を満たす登録販売者のみです。ただし登録販売者の場合は、店舗で販売する一般用医薬品の種類によって要件が異なります。

・第2類医薬品、第3類医薬品を販売する店舗の場合

一般用医薬品のうち、第2類・第3類医薬品のみを販売する店舗で登録販売者が店舗管理者になれるのは、「過去5年のうち、月あたりの時間数に関わらず月単位で従事した期間が通算して2年以上あり、かつ、過去5年において、合計1,920時間以上従事した場合」とされました。

 

・第一類医薬品を販売する店舗等の場合

第2類・第3類医薬品だけではなく、第1類医薬品を販売する店舗などでは、基本的に薬剤師が店舗管理者になります。しかし、それができない場合には、「過去5年のうち、月当たりの時間数にかかわらず月単位で従事した期間が通算して3年以上あり、かつ、過去5年間において、合計2,880時間以上業務に従事した」登録販売者が、店舗管理者になることができるとされました。

なお、登録販売者が店舗管理者となる場合であっても、管理者を補佐する薬剤師を置かなければなりません。

 

entry

 

 

管理者要件を満たしたら?その後のキャリアをシュミレーション

管理者要件を満たしたら?その後のキャリアをシュミレーション

管理者要件を満たしている人材には、店舗管理者への道がひらけています。また、店舗管理者にならない場合であっても、第2類・第3類医薬品を一人で販売できる登録販売者として、活躍の場が大きく広がります。そのため、管理者要件を満たすことは、その後のキャリアにも大きな影響を与えます。

 

店舗管理者として狙えるキャリア

管理者要件を満たして店舗管理者になれば、医薬品の販売管理だけではなく、業務経験の浅い登録販売者やその他の従業員の指導も任されます。また、店舗管理者としてキャリアを積み重ねれば、店長やエリアマネージャーなどへのキャリアアップ、基本給のアップ、資格手当の上乗せなども期待できるでしょう。

 

さらなるキャリアアップやキャリアチェンジのチャンスも

管理者要件を満たす登録販売者は即戦力として期待されるので、企業からの求人も多くなります。またエリアによっては、経験の有無によって応募できる求人数が大きく違うところもあります。管理者要件に満たない場合には求人がないエリアでも、要件を満たすと複数企業への応募が可能になることもあります。

そのため、管理者要件を満たせば、将来のキャリアアップやキャリアチェンジに向けて大きな一歩を踏み出すことができるといえます。

 

 

まとめ

登録販売者が店舗管理者になるためには、直近5年以内に2年以上の実務経験が必要です。2014年以前の登録販売者試験合格者の場合、2021年8月までは直近5年以内の実務経験がなくても店舗管理者になることができましたが、2021年8月からは2015年以降の試験合格者と同様に2年以上の実務経験が要求されます。ブランクのある方はできるだけ早く復職し、管理者要件を満たす登録販売者を目指しましょう。

2014年以前の合格者で経過措置の対象者は、転職市場での需要が高まっている現在、実務経験を積める職場への転職やご自身の働き方について考えてみるのもオススメです。

自分の実務経験年数が分からない、自分が管理者要件を満たしているのかもしれないが分からないという方は、チアジョブ登販のコンサルタントにご相談いただくことができます。転職市場でのご自身の価値を見直す機会にしてはいかがでしょうか。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-04-14

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-10-09

<登録販売者向け>咳止め薬を探して来店されたお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

咳が止まらず仕事に集中できない、眠れないほど咳き込む……咳はとくに辛い呼吸器系の症状で、生活にも影響します。それだけにお客さまは「一刻も早く咳を止めたい」という強いニーズを持って来店されます。 種類が豊富な咳止め薬の中から症状にあったタイプの薬を選べること、ときには最適なタイミングで受診勧奨を行うことも登録販売者に求められるスキルです。 そこで今回は咳の種類の見わけ方、登録販売者が注意すべきこと、店頭での接客方法についてご紹介します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2020-04-14

【2020年4月速報】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

2020年3月27日、登録販売者の経過措置の延長と、管理者要件の緩和・実務経験の算定基準の変更が発表されました。この記事では経過措置延長の内容と、管理者要件の緩和・実務経験の新しい計算方法を詳しく説明します。2014年以前の合格者で経過措置の対象者や、登録販売者の経験が長い方にとって、今回の改定はチャンスです!転職市場での需要が高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-10-26

【登録販売者の悩みに回答!】推奨販売への向き合い方がわかりません<教えて村松先生:第2回>

セミナーや動画配信を中心に、登録販売者や資格受験者向けの学習支援を行っている株式会社東京マキア代表の村松早織先生には、日々、登録販売者からの悩み相談が送られてきます。 連載第2回は、推奨販売への向き合い方がわからない方へ、推奨販売に対する考え方や、気持ちを楽にする具体的なアドバイスを解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-07

登録販売者必見!記憶に残る漢方・生薬の覚え方

登録販売者試験の範囲でも覚えるのが難しい漢方・生薬。資格取得を目指している方はもちろんですが、すでに資格をもっている方にも必要な知識です。この記事では、漢方・生薬の重要性や記憶に残る覚え方、漢方の知識をどのように生かせるのかについて紹介していきます。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2020-04-17

0402通知とは?業務範囲が拡大した調剤薬局事務の仕事とあわせて解説

2019年4月2日、今まで薬剤師がほぼ独占して行ってきた業務の一部を、一定の条件下で非薬剤師でも可能とする内容の文書が、厚生労働省から通知されました。これを受け、調剤薬局事務の業務内容が拡大し、市場の雇用ニーズは今後も大きく変化することが予測されます。 そこで今回は、「0402通知」の内容と拡大された調剤薬局事務の業務内容、そして、今後調剤薬局事務への就職・転職を目指す方が取得しておくべき資格についてまとめます。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。