登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

著名人コラム

2022-11-25

緑内障の方でも使える市販の目薬の選び方を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第11回】

メディカルリソース

・Before

・After

緑内障の方でも使える市販の目薬の選び方を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第11回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第11回となる今回は、日本人の中途失明の原因第1位と言われている緑内障の方への目薬のおすすめについてです。加えて、登録販売者が知っておくべき禁忌についてもお聞きしました。

目次

  1. 市販薬の販売ではまず緑内障の有無を確認して
  2. 添付文書に「相談すること」と書かれている場合の対応方法
  3. 緑内障の方の禁忌にあたる市販薬はある?

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

症状にあった商品を提案し、お客さまと一緒に選ぶ

市販薬の販売ではまず緑内障の有無を確認して

日本では、40歳以上の20人に1人が緑内障だと言われています。

緑内障とは、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害されて、視野が狭まったり視力が低下したりする疾患です。

緑内障はOTC医薬品の使用によって症状が悪化する可能性もあるため、販売時には注意が必要です。

医療用医薬品の添付文書では、緑内障は「閉塞隅角緑内障」と「開放隅角緑内障」に分けて注意が記されています。

一方、OTC医薬品では「緑内障」とまとめられています。

そのため、医薬品登録販売者がお客さまに対応する範囲では、その種類にかかわらず、まずは緑内障の有無を確認できると良いでしょう。

 

 

高年収求人特集

 

 

添付文書に「相談すること」と書かれている場合の対応方法

ご存じの通り、OTCの点眼薬には、一般点眼薬、アレルギー用点眼薬、人工涙液などさまざまなものがあります

これらの多くの商品において、緑内障の診断を受けた方の使用については「相談すること」とされています

一般点眼薬に充血を除去する目的で配合されることがある塩酸テトラヒドロゾリンや、ピント調節機能を改善する目的で配合されるネオスチグミンメチル硫酸塩などは、眼圧上昇のおそれがあるため、注意が必要です

また、眼圧を上昇させる成分を含まないソフトサンティアなどの人工涙液であっても、緑内障の診断を受けた方の使用は同様に「相談すること」とされています

人工涙液には、効能・効果のなかに「目のかすみ」など緑内障の進行により生じる可能性がある症状が含まれているためです。

人工涙液が緑内障の症状を悪化させる可能性は低いとされていますが、漫然とOTC薬を使用して一時的な症状の緩和を続けていると、診断の遅れにつながる可能性もあるでしょう。

こうしたことから、医療機関での治療を優先すべきだと考えます。

このように、同じ「相談すること」といった記載でも、使用するリスクが同一でないケースもあると知ったうえでお客さまに説明ができると良いでしょう。

 

 

緑内障の方の禁忌にあたる市販薬はある?

なお、緑内障の診断を受けた方の使用が「してはいけないこと(禁忌)」であるOTC医薬品もあります。

たとえば、パイロンPL顆粒Pro大正胃腸薬Pなどです。

パイロンPL顆粒Proに配合されるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩や大正胃腸薬Pに含まれるチキジウム臭化物は、抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがあります

販売時には、緑内障の有無をお客さまに必ず確認しましょう。

 

 

【回答者プロフィール】

回答者:鈴木 伸悟(すずき・しんご)さん

鈴木伸悟さん

有限会社ウインファーマ セルフメディケーション推進室室長。

薬剤師および登録販売者へ適切なOTC医薬品のすすめ方や売り場作りなどの教育に携わる。

SNSでは、大手ドラッグストアおよび調剤薬局での自身の勤務経験をもとにOTC医薬品の役立つ情報発信を行い、全国各地での講演会やコラムの連載など多方面に活躍している。

著書「薬局OTC販売マニュアル〜臨床知識から商品選びまで分かる〜 日経BP社」

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2022-11-25

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-03-09

かぜ薬と胃腸薬など、市販薬の飲み合わせがよくわかりません。飲み合わせの注意点を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第1回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第1回は、市販薬の飲み合わせに関する相談です。お客さまから質問を受けたとき、うまく答えられない登録販売者も多いのではないでしょうか。 鈴木先生に、代表的な飲み合わせについて具体例とともに解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-30

高血圧の薬を飲んでいる方への市販薬のすすめ方がわかりません。<鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第9回>

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第9回は、高血圧の薬を服用されているお客さまへの対応についてです。日本高血圧学会の調査では、2014年の高血圧治療者数は2,400万人と判明。注意が必要なOTC医薬品もあわせて教えていただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-11-25

緑内障の方でも使える市販の目薬の選び方を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第11回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第11回となる今回は、日本人の中途失明の原因第1位と言われている緑内障の方への目薬のおすすめについてです。加えて、登録販売者が知っておくべき禁忌についてもお聞きしました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-04-08

医療用医薬品と市販薬の飲み合わせがわからず、受診勧奨してしまいます。どのように勉強すれば良いでしょうか?【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第3回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第3回は、医療用医薬品と市販薬の飲み合わせに関する相談です。登録販売者にとって、医療用医薬品に関する知識の習得と指導は難しく感じられるのではないでしょうか。鈴木先生に、医療用医薬品と市販薬の飲み合わせの勉強方法についてわかりやすく解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-22

ドラッグストアの棚替えのコツは?適した時期や注意点、棚割りの考え方も解説<登録販売者向け>

ドラッグストアで働く登録販売者の業務のなかで、「棚替え」は多くの手間と時間がかかるものの一つです。大がかりな棚替えから日常的なものまでさまざまですが、その効率的な進め方にはいくつかの共通点があります。今回の記事では、棚替えの目的や時期、効率的な進め方のコツや注意点、それに伴う「棚割り」の基本的な考え方について説明します。ぜひ棚替え業務の際に活かしてください。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。