登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

業界情報

2020-03-16

登録販売者のメリット・デメリット!資格ならではのメリットの活かし方

メディカルリソース

・Before

・After

登録販売者のメリット・デメリット!資格ならではのメリットの活かし方

高齢化の影響もあり、医薬品を扱う登録販売者の社会的ニーズは年々高まる傾向にあります。資格があれば40歳代以降でも正社員として採用される可能性も。また、登録販売者として医薬品を販売するためには定期的・継続的に外部研修を受ける義務があり、医薬品の専門家としての貢献を求められています。 ここでは、登録販売者の求人状況の他、登録販売者であり続けるために必要な経験や研修の概要について解説します。また、登録販売者の資格をより活かすためのダブルライセンスについても紹介します。

目次

  1. 登録販売者の資格取得のメリット!スキルアップ、待遇アップも狙える
  2. 登録販売者になることで生じるデメリットはあるか
  3. 登録販売者はダブルライセンスで転職を有利に
  4. まとめ

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

登録販売者の資格取得のメリット!スキルアップ、待遇アップも狙える

登録販売者は、ドラッグストアなどにおける薬剤師不足を補うために新設された医薬品販売の専門資格です。扱える医薬品の種類に制限はありますが、一般用医薬品のほとんどを販売することができます。

また、医薬品を販売する店舗には必ず登録販売者や薬剤師を設置する必要があります。そのため、登録販売者の社会的ニーズは非常に高まっています。求人は常にあるといっても過言ではなく、試験に合格していれば就職や転職を有利に進めることができます

 

登録販売者の求人状況

登録販売者の就職先はドラッグストアだけではなく、スーパーやコンビニエンスストア、家電量販店、ホームセンターなどにも拡大しつつあります。また、新規店舗オープンも頻繁にあるため、求人数は年々増加傾向です。

未経験の登録販売者における正社員募集では、30代半ばくらいまでの募集が多くなっています。企業によっては50歳代でも受け入れ可能となっています。

一方、すでに2年以上の実務経験があり、店舗管理者要件を満たす登録販売者の場合、正社員であっても40歳代半ばまで募集があります。中には50歳代後半でも可となっている企業もあります。なお、パート従業員の場合、正社員に比べて年齢は広く求められる傾向があります。

ただし、登録販売者に一般スタッフ同様の業務も要求しています。医薬品販売だけではなく、品出しやレジ打ちなど身体を使う作業もあるため、体力が衰えてくると長時間の勤務は難しいかもしれません。

 

登録販売者資格取得のメリット

登録販売者は経験や学歴などによる受験制限がないため、だれでも受験することができます。また、医療系の資格の中では「受けやすい・合格しやすい」試験といわれています。

登録販売者を募集している企業では、資格に対して手当を支給するケースがほとんどです。資格手当は定期昇給の対象外なので毎年アップするわけではありませんが、それでも無資格者と比較すると年間数万円の差が生じます。

また、登録販売者は正社員でもパートでも募集があるため、ライフステージに合わせた働き方を選びやすいという特徴もあります。キャリアを積めば、将来的には独立・開業することも不可能ではありません。

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

登録販売者になることで生じるデメリットはあるか

登録販売者になることで生じるデメリットはあるか

登録販売者になることで生じるデメリットは特にありません。しかし、登録販売者は試験合格がゴールではありません。なぜなら、試験に合格しても2年以上の実務経験・業務経験がなければ一人で医薬品を販売することができないからです。また、毎年一定時間の外部研修を受けることも義務づけられています。

 

立ち仕事がメイン

登録販売者は、医薬品の知識やコミュニケーション能力だけでなく、体力も必要です。というのは、登録販売者の仕事はほとんどが立ち仕事だからです。

専用の相談カウンターがある場合は別として、お客様との接客は立ったまますることがほとんどです。また、接客をしていないときでも、レジ打ちや倉庫からの品出し、医薬品カウンターでのPOP書きや発注業務なども含め、立ったままおこなうことが多いです。

勤務時間の短いパート従業員の場合、入店から退店までずっと立ちっぱなし、ということも珍しくありません。

 

2年以上の経験を積まなければ一人で医薬品を販売することができない

登録販売者の試験に合格しても、実務経験が2年に満たない場合は一人で医薬品を販売することができません。経験を積んでいる間は、「研修中」の登録販売者として働きます。2年以上の経験を積んで店舗管理者要件を満たすと一人で医薬品販売を行えるため、求人数には大幅に増えます。

なお、未経験の登録販売者や実務経験の少ない研修中の登録販売者を対象とした求人もありますが、店舗管理者要件を満たした登録販売者の求人に比べると数は少なくなります。店舗管理者要件を満たす人材になるまで育てようという企業が出している求人です。将来的には店舗管理者要件を満たし、店長やエリアマネージャーとしての活躍が期待できる人材を採用したいと思っている企業が大半です。

 

登録販売者となった後も外部研修が義務づけられている

登録販売者が医薬品を販売する場合には、定期的・継続的に外部研修を受けることが義務づけられています。これは、医薬品を適正に扱うため、また常に新しい知識を習得するために欠かすことができないものといえます。

なお、研修には集合研修とeラーニングがあります。企業によっては研修費の補助があるので、就職する前に確認すると良いでしょう。

 

entry

 

 

登録販売者はダブルライセンスで転職を有利に

登録販売者はダブルライセンスで転職を有利に

登録販売者の資格があれば、一般用医薬品販売のプロフェッショナルとして社会に貢献することができます。また、登録販売者試験はだれでも受けることができる試験ですので、自らの市場価値の引上げを望むのならば、他の資格との併用をおすすめします。

 

管理栄養士×登録販売者のダブルライセンス

管理栄養士は食や栄養に関する国家資格です。管理栄養士になるためには、栄養士養成施設を卒業したり栄養士となって実務経験を積んだりした後に、国家試験に合格する必要があります。

管理栄養士国家試験でも登録販売者試験でも、人体の構造や機能、栄養素に関する知識は必要です。共通する知識が多いので、管理栄養士と登録販売者はダブルライセンスを狙いやすい組合せといえます。

管理栄養士と登録販売者の資格を両方持っている場合、より医療現場に近い病院や薬局、介護施設などで知識を活かしながら働くことができます。特に介護施設では、栄養管理や医薬品に関する知識を持つ人は貴重なので、多くの職員から頼られる重要な職務を任されることもあります。

 

調剤事務管理士×登録販売者のダブルライセンス

調剤事務管理士は、調剤薬局で調剤報酬(レセプト)入力などをおこなう際に役立つ資格です。

調剤薬局では薬剤師は調剤業務や投薬(患者さまにお薬の説明をして手渡すこと)で忙しく、なかなか一般用医薬品の販売にまで手が回らないことも。そのようなときに登録販売者がいれば、お客様を待たせることなくスムーズに医薬品を販売することができます。

また、医薬品の知識がある登録販売者が受付にいれば、患者さんのちょっとした質問にも対応することができます。

最近では、調剤薬局でも店内で一般用医薬品を販売しており、またドラッグストア併設の調剤薬局も非常に多いです。調剤事務管理士と登録販売者の資格があれば、医療従事者の一員として積極的に地域の方の健康に関わることができます。

 

販売士(リテールマーケティング)×登録販売者のダブルライセンス

販売士は、店舗における小売や接客のプロを目指す人のための資格です。接客応対や売場づくり、陳列ルールといった販売員としての知識だけではなく、マーケティングや仕入れ管理といったマネジメント業務のスキルアップにも役立ちます。

登録販売者になって店舗管理者要件を満たすと、マネジメントスタッフとしての役割を求められることもあります。その際に販売士としての知識があると、店舗運営だけでなくエリアマネージャーなどの管理職への昇進も助けてくれるのではないでしょうか。

売場づくりや接客マナーだけでなく、マネジメント業務にも積極的に関われるようになるので、将来独立・起業を考えている人にはとてもおすすめです。

 

 

まとめ

登録販売者の資格があると、就職や転職が有利に作用するだけではなく、年収アップや独立・開業なども狙うことができます。一方で、登録販売者試験に受かっても、経験を積まなければ一人で医薬品販売をすることはできません。また登録販売者として医薬品を販売するためには、定期的・継続的に外部研修を受けなければいけません。

しかし、登録販売者になれば一般用医薬品の販売に携わることができるため、転職の際に有利に働きます。また、登録販売者は受験資格に制限がないので、管理栄養士や調剤事務管理士、販売士などとのダブルライセンスも狙うことができます。「医薬品販売に関わりさらなる飛躍を目指したい」という方は、登録販売者試験の受験を検討してみましょう。

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-03-16

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2020-04-14

【2020年4月速報】登録販売者の実務経験の数え方が変わった?経過措置の延長についても解説。

2020年3月27日、登録販売者の経過措置の延長と、管理者要件の緩和・実務経験の算定基準の変更が発表されました。この記事では経過措置延長の内容と、管理者要件の緩和・実務経験の新しい計算方法を詳しく説明します。2014年以前の合格者で経過措置の対象者や、登録販売者の経験が長い方にとって、今回の改定はチャンスです!転職市場での需要が高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-28

【登録販売者の悩みに回答!】帰宅後、自分の接客を振り返って落ち込んでしまう方へ<教えて村松先生:第1回>

セミナーや動画配信を中心に、登録販売者や資格受験者向けの学習支援を行っている株式会社東京マキア代表の村松早織先生には、日々、登録販売者からの悩み相談が送られてきます。連載第1回は、自分の接客を振り返って落ち込んでしまう方へ、悩みに対する向き合い方を解説していただきました。接客時の具体的なアドバイスもあるので、ぜひ参考にしてみてください。 

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-10-09

<登録販売者向け>咳止め薬を探して来店されたお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

咳が止まらず仕事に集中できない、眠れないほど咳き込む……咳はとくに辛い呼吸器系の症状で、生活にも影響します。それだけにお客さまは「一刻も早く咳を止めたい」という強いニーズを持って来店されます。 種類が豊富な咳止め薬の中から症状にあったタイプの薬を選べること、ときには最適なタイミングで受診勧奨を行うことも登録販売者に求められるスキルです。 そこで今回は咳の種類の見わけ方、登録販売者が注意すべきこと、店頭での接客方法についてご紹介します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-25

<登録販売者向け>口内炎の薬を探して来店されたお客さまへの対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

ありふれた病気と思われがちな口内炎。しかし、なかなか治りにくく再発を繰り返したり、全身的な疾患のサインということもあるので、決して軽視できない症状です。今回は、【口内炎の症状/種類と見分け方/店頭での対応方法/販売時の注意点】などについてご紹介します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2020-09-21

【薬剤師監修】高齢者への医薬品販売の注意点とは?登録販売者が押さえておくべきポイント

医薬品を販売するときは、患者さまの症状を聞き、適切な商品をピックアップして紹介する必要があります。しかし、症状に合うものを選んだだけでは、本当に正しい医薬品を選んだことにはなりません。薬を買いに来た方が高齢者だった場合はなおさら、薬が合うかどうか以外にも気を遣わなければならないのです。 では具体的に、どのような注意が必要なのでしょうか。この記事では、高齢者に医薬品を販売するときの注意点と登録販売者が必ず知っておきたいポイントを分かりやすくご紹介します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。