登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

業界情報

2021-11-09

登録販売者の現状と今後の需要(将来性)について

メディカルリソース

・Before

・After

登録販売者の現状と今後の需要(将来性)について

「登録販売者の求人はよく見るけれど、将来性はどうなの?」「資格をとっても採用されないのでは……」といった不安があると、登録販売者試験を受けることに迷いを感じてしまうでしょう。また、資格をとったものの離職している人の中には、復職を躊躇している方もいるかもしれません。 そこで今回は、登録販売者の仕事内容や需要の現状、そして、2014年度以前の旧制度下で試験に合格した登録販売者が注意しなければならない経過措置の内容について解説します。さらに、登録販売者の市場ニーズに関する将来展望などについても紹介します。

目次

  1. 仕事内容と需要から見る登録販売者の現状
  2. 令和2年(2020年)3月31日までの経過措置について
  3. 登録販売者は今後も需要がある?
  4. まとめ

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

公開日:2020年3月26日
更新日:2021年月11月9日

 

仕事内容と需要から見る登録販売者の現状

仕事内容と需要から見る登録販売者の現状

まず、登録販売者の主な仕事内容と市場ニーズの現状について解説します。

 

登録販売者の主な仕事内容

登録販売者の主な仕事内容は、一般用医薬品の専門知識を活かして適切な情報を提供し、医薬品を販売することです。

しかし、求められているのは医薬品に関することだけではありません。食事や運動に関するアドバイス・サプリメントと医薬品の飲み合わせ・介護に関することなど、お客様の健康な生活に役立つさまざまなサポートが求められます。

さらに、ドラッグストアやコンビニエンスストアなど小売店に勤務する場合は、レジ打ちや品出しといった一般の店舗スタッフの仕事もこなさなければいけません。

また、店舗管理者になれば、他の従業員の教育や指導、マネジメント業務なども担当することになるでしょう。

このように、登録販売者は一般用医薬品の販売業務だけではなく、お客様の健康サポートや店舗スタッフ業務など、マルチな働き方が求められる職業といえます。

 

▼関連記事
登録販売者の仕事はレジばかりって本当?自分の働きたい職場を考える

 

登録販売者の需要について

登録販売者の合格者総数は2021年3月時点で30万人を超えており、一部では登録販売者の飽和がささやかれています。

しかし、2009年に行われた薬事法の改正により、薬局やドラッグストアだけではなく、コンビニエンスストアや家電量販店などでも一般用医薬品の販売ができるようになったため、登録販売者が活躍できる職場は以前より拡大しています。

また、第2類医薬品・第3類医薬品のみを扱うドラッグストアも増えています。こうしたドラッグストアには薬剤師が配属されず、登録販売者が店舗の責任者になる場合も少なくありません。

医薬品や生活必需品を取り扱うドラッグストアは業績を伸ばしている企業も多く、新規出店に伴って店舗責任者候補として登録販売者を採用する企業が増えています。

つまり、登録販売者の合格者総数は比較的多いものの、まだまだ求められている人材であるといえるのです。

 

entry

 

 

令和2年(2020年)3月31日までの経過措置について

令和2年(2020年)3月31日までの経過措置について

ここで、平成26年度(2014年度)末までの登録販売者試験に合格した人へ適用される経過措置と、対象者が注意すべき点について解説します。

 

登録販売者の令和2年(2020年)3月31日までの経過措置について

登録販売者試験の受験資格については2015年度に制度が改正され、それまで必要であった学歴や実務経験の要件が撤廃されました。

その一方で、一人で医薬品を取り扱うためには、直近5年以内に24ヶ月(月80時間×24ヶ月)以上の実務・業務経験が必要になったのです(※)。

 

※管理者要件を満たすための条件はいくつかあります。実務経験の数え方、管理者要件については以下の記事で詳しく解説しています。

▼参考記事
【2021年8月改正】登録販売者の店舗管理者要件が緩和!経過措置の終了についても解説
 

他方、2014年度末までの登録販売者試験では、下記の条件が受験資格として必要とされていました。

  • 大学等で薬学課程を卒業した人
  • 高卒以上で1年以上の実務経験のある人
  • 4年以上の実務経験のある人
  • 上記と同等以上の知識・経験があると都道府県知事が認めた人

試験に合格すればその後の実務・業務経験がゼロであっても店舗管理者要件を満たした登録販売者として働くことが可能です。

 

 

登録販売者は今後も需要がある?

ここからは、登録販売者の将来の需要予測について解説します。

 

セルフメディケーションの推進で高まる登録販売者の需要

登録販売者は、国の施策である「セルフメディケーション」の推進を担う専門資格として、今後も需要が高まることが予測されます。

「セルフメディケーション」とは、自分自身の健康に責任を持ち、体の軽い不調は一般用医薬品などを利用して自分で手当てすることです。

例えば、風邪をひいたときに症状に応じた風邪薬を選ぶ・小さな傷に絆創膏を貼る・不規則な生活から生じる疲れにビタミン剤を活用する、といったことを自発的に行うために、登録販売者のアドバイスやサポートは非常に役立ちます。

また、一般用医薬品は薬局やドラッグストアだけではなく、コンビニエンスストアや家電量販店、スーパーマーケットなどの医薬品コーナーでも販売できるようになったため、今後も登録販売者の需要は高くなると考えられます。

 

▼参考記事
セルフメディケーション税制とは?登録販売者への影響と求められる役割

 

ネット通販やコールセンターでの需要も!

近年、ネット通販市場の拡大は著しいものですが、2014年の改正薬事法より一般用医薬品もネット通販で購入可能になっています

ただし、店舗販売と同様に一定のルールに基づき、第1類医薬品の場合は薬剤師が、第2類・第3類医薬品の場合は薬剤師または登録販売者の対応が必須です(※)。

※薬剤師が対面および書面で情報提供を行わなければならない要指導医薬品や、処方箋医薬品は対象外

こうした背景から、一般用医薬品を扱える登録販売者の需要は拡大し、ネット通販事業やコールセンター等における新しい働き方も広がっています

▼参考記事
一般医薬品のネット販売上のルールと登録販売者の対応について解説

 

 

登録販売者の資格や経験は他業種にも活かせる!

登録販売者の知識と経験を活かせば、小売業界以外でも活躍が期待できます

柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などの専門資格とあわせて登録販売者の資格があれば、整骨院や鍼灸院での施術のかたわら、症状に応じた湿布薬や漢方薬の使い方を助言したり販売したりすることができます。

また、医薬品の専門知識を持つ登録販売者は、介護業界でもニーズが高まっています

特に高齢者は複数の薬剤やサプリメントを服用するケースが多いため、飲み合わせのチェックやアドバイスができる登録販売者は、活躍が期待されるでしょう。

さらに、化粧品を扱う店舗やエステサロンなどの美容業界でも、登録販売者の持つ医薬品の知識は大いに役立つと考えられます。

このように、さまざまな業界で専門知識や経験を活かせる登録販売者の市場ニーズは、今後も広がることが予測されています。

 

求人特集

 

 

まとめ

登録販売者の合格者総数は2020年3月末時点で30万人を超えていますが、その市場ニーズは拡大し続けています

理由としては、登録販売者が国の施策である「セルフメディケーション」の担い手であること・一般用医薬品の販路が拡大していること・他業種でも登録販売者の知識や経験が必要とされていること、などが挙げられます。

なお、一人で医薬品を扱える店舗管理者として働き続けるためには、管理者要件を満たす必要があります。

月の就業期間が少ない方、またブランクがある方など、ご自身の状況が管理者要件の基準を満たすかどうか、注意するようにしましょう。

 

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2021-11-09

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-05

ドラッグストアで購入できる「抗体検査・抗原検査・PCR検査」キットの違いは?基礎知識も解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウイルスに感染しているのか、また過去に感染していたのかを調べる検査が全国で行われるようになりました。 主に行われているのが抗体検査や抗原検査、そしてPCR検査です。どれも似ているように見えますが、実はそれぞれの特徴があります。内容を理解せずに実施すると期待している結果が得られない可能性もあるため、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。 今回はそれぞれの違いと、陽性が出た場合の対処方法について詳しく見ていきましょう。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2021-10-15

【2021年8月改正】登録販売者の店舗管理者要件が緩和!経過措置の終了についても解説

2020年3月27日に発表された登録販売者の経過措置の延長が、ついに期限を迎えました。同時に、2021年8月から施行する法改正で、管理者要件の緩和が発表されました。この記事では経過措置延長の終了について、また、緩和された管理者要件の内容を詳しく説明します。店舗管理者要件の需要が転職市場で高まっている今、ご自身の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-12-23

登録販売者の外部研修(継続研修)とは?いつから受けるのか、内容も解説!

第2類・第3類医薬品を扱う登録販売者は、定期的かつ継続的に外部研修(継続研修)を受けることが義務化されています。 お客さまに正しく医薬品を使ってもらうために、これまでの知識の確認と新しい知識をインプットできる研修の受講は欠かせません。 今回は、登録販売者の外部研修の目的や意義、受講時期・研修内容などについて説明します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-04-09

【薬剤師監修】ヘパリン類似物質とは?期待できる効果や処方箋との違い

ヘパリン類似物質は、高い保湿効果があることから乾燥肌の治療や保湿剤として使われています。近頃ではさまざまなメーカーから販売されているため、ドラッグストアに行けば簡単に手に入るようになりました。今回はヘパリン類似物質について、期待できる効果や副作用、注意点や病院でもらえるヘパリン類似物質との違いなどをご紹介します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

業界情報

2021-11-09

登録販売者販売従事登録について!従事登録をする際に必要な書類や注意点について

登録販売者試験に合格後、登録販売者として一般用医薬品の販売に従事するためには、登録販売者販売従事登録が必要です。また、すでに十分な実務経験がある方の場合、実務従事証明書があれば、合格後すぐに登録販売者として働くことができます。 そこで今回は、登録販売者販売従事登録の概要と申請方法の他、申請時に必要な書類の内容などについて説明します。さらに、登録販売者になるために必要な実務従事証明書や、販売従事登録をしたあとの登録販売者の働き方についても解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。