登録販売者・医療事務・調剤事務の求人・転職・募集【チアジョブ登販】

お問い合わせ平日9:30〜18:30

0120-73-1811

×

完全無料 転職サポート登録
閉じる ×

現場で役立つ知識

2020-03-16

登録販売者に必要な知識とは?医薬品の知識以外には何が必要?

メディカルリソース

・Before

・After

登録販売者に必要な知識とは?医薬品の知識以外には何が必要?

登録販売者は一般用医薬品の販売を主な業務とする専門職ですが、お客様に商品を販売する接客業でもあるため、医薬品以外の分野についてもさまざまな知識やスキルが要求されます。 そこで今回は、登録販売者に欠かすことのできない医薬品の知識をアップデートする方法や、医薬品以外の分野で必要とされる知識やスキルについて解説します。 登録販売者という職業についてよく知りたい人、医薬品販売以外の業務をすることに疑問を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 登録販売者の主な仕事内容
  2. 知識不足はすぐに解消!登録販売者に必要な医薬品の知識をアップデートする手段
  3. 登録販売者に求められる医薬品以外の知識・スキル
  4. まとめ

あなたの条件にぴったりの職場をお探しします

 

登録販売者の主な仕事内容

登録販売者に必要な知識を得るためには、まず仕事内容について理解する必要があります。

 

主な仕事は医薬品の販売

登録販売者の主な仕事は、医薬品に関する専門知識を活かして第2類医薬品・第3類医薬品を販売することです。しかし、実際の業務は医薬品の販売だけではありません。

セルフメディケーション(一般用医薬品などを活用して健康の自己管理をおこなうこと)の浸透にともない、サプリメントの利用や食生活・運動に関するアドバイスなど、さまざまな角度からお客様のサポートをおこなうことが求められています。
 

就業場所によって異なる仕事内容

就職先によっても、仕事内容は異なります。ドラッグストアやコンビニエンスストアなどでは、医薬品の販売だけではなく店舗スタッフとしての業務も担当することが多いので、商品の品出しやレジ打ちなどもこなさなければならない場合がほとんどです。また、正社員の登録販売者の場合、パートやアルバイト従業員のマネジメントにも携わることがあります。

調剤薬局の場合は、一般用医薬品の販売・管理だけではなく、処方せんの受付や調剤補助、レセプト*入力といった調剤薬局事務の仕事も担当します。

*レセプト:健康保険の保険者に診療報酬を請求する診療報酬明細書のことです。処方せんの内容や調剤に関する技術料などをコンピューターに入力して、請求に必要なデータを作成することを「レセプト業務」と呼びます。

 

 

チアジョブ登販公式SNSアカウント
 
チアジョブ登販LINE公式アカウント
チアジョブ登販Twitter公式アカウント
 
 

 

知識不足はすぐに解消!登録販売者に必要な医薬品の知識をアップデートする手段

知識不足はすぐに解消!登録販売者に必要な医薬品の知識をアップデートする手段

医薬品の知識が不足していると、登録販売者としての職能を発揮することができません。そこで、現役の登録販売者が実践している知識のアップデート方法をいくつかご紹介します。

 

外部研修の受講

一般用医薬品の販売に従事する登録販売者は、年に12時間以上の外部研修の受講が義務とされています。外部研修は厚生労働省のガイドラインに沿って実施されますが、医薬品メーカーや薬剤師による講義では、販売現場ですぐに役立つ実践的な知識を得られることが多いです。

販売業に従事していない登録販売者や離職中の登録販売者は外部研修の受講義務がありませんが、知識不足や知識の劣化を防ぐためには積極的な参加が望ましいでしょう。

 

各所から発表される最新情報を能動的に入手する

医薬品などに関する最新情報を能動的に入手する方法としては、下記の方法があります。

  • 製薬会社や医薬品メーカーからの商品リリース情報を活用
  • メディアを利用(医薬専門サイト・大手ニュースサイト・厚生労働省ウェブサイト・医薬品メーカーの公式サイトなど)
  • 医療系専門のものに限らず新聞・雑誌などの活用

 

メディアによっては、会員登録をするとメールが定期的に送られてくるものもあるので、上手に利用して常に最新情報を入手できるようにしておくと便利です。

 

entry

 

 

登録販売者に求められる医薬品以外の知識・スキル

登録販売者に求められる医薬品以外の知識・スキル

登録販売者として働く際には、医薬品の知識だけではなく、接客スキルや売場づくりのノウハウ、さらにはマネジメントスキルなども求められることがあります。

 

接客スキル

登録販売者は、医薬品に関する正しい知識を活かして、お客様の相談や悩みに応えなければいけません。そのためには、難しい専門用語ではなく、理解しやすい言葉で間違いのない情報を提供する必要があります。また、ときにはお客様の言葉や表情・態度などから隠れたニーズを探り当て、生活背景などにも配慮した提案が必要とされることもあります。

このような登録販売者としての接客スキルは、適切な医薬品の販売に欠かすことはできません。また、丁寧で親切、安心感を得られる接客は、クレームを防ぐことにも役立つでしょう。

 

ポップの作成など売場づくりのためのノウハウ

医薬品は商品数が非常に多く、また新商品も次々発売されます。一方で、使い方を誤れば生命に思わぬ影響を与えるおそれもあるため、正しい情報を伝えるために知識のアップデートが欠かせません

このようなことから、新しいことに興味が持てる人、積極的に知識を向上させようとするモチベーションの高い人、知識習得のために能動的な行動ができる人は、登録販売者に「向いている」といえます。

 

【向いていない人】登録販売者資格を取るだけで満足してしまう人

登録販売者は、一般用医薬品の販売に従事する専門職です。そのため、商品の売上アップに貢献することも、登録販売者に期待されることの一つといえます。

例えば、お客様が手に取りやすい場所に季節商品や販売強化商品を配置したり、商品の特徴や選び方のコツなどをポップで示したりすることも、登録販売者の重要な業務です。商品の売上変化にいち早く気づき、ニーズを先取りした売場づくりをすれば、売上増加にも貢献することができます。

「売場づくりは医薬品販売を専門とする登録販売者の仕事ではない」と考える方もいますが、登録販売者だからこそできる売場づくりもあります。これらの業務は商品のマネジメントにも役立つものなので、人任せにしないで積極的にかかわり、スキルアップを目指しましょう。

 

マネジメントのスキル

正社員や店長、あるいは店舗管理者となれば、商品の在庫管理や売上管理、従業員のシフト管理や指導など、店舗運営にかかわる業務も担当することになります。そのため、マネジメントスキルも登録販売者にとっては重要なスキルの一つといえます。

就職したばかりの登録販売者や研修中の登録販売者が、いきなり店舗のマネジメント業務を任されることはほとんどありません。しかしキャリアアップを目指すのならば、マネジメントスキルの習得は欠かせません。近い将来、自分自身が店舗管理者としてマネジメント業務をおこなうことを意識し、日々の業務に携わるようにしましょう。

 

 

まとめ

登録販売者は、一般用医薬品の販売にかかわる専門職です。登録販売者に必須である医薬品の知識は、外部研修やさまざまなメディアを活用することでアップデートすることができます。しかし、登録販売者に要求されるのは医薬品の知識だけではありません

お客様のニーズを把握して正しい情報を提供する接客スキル、売上アップにつながるポップ作成など売場づくりのノウハウ、そして、店舗管理者として店舗の運営を任された際に役に立つマネジメントスキルなど、さまざまなスキルが必要とされます。これらのスキルは、キャリアアップにも欠かせないものなので、「医薬品販売に関係ない」とおざなりにするのではなく、積極的に習得するようにしましょう

 

 

entry
 
転職サポートとは?

 

2020-03-16

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2021-11-05

ドラッグストアで購入できる「抗体検査・抗原検査・PCR検査」キットの違いは?基礎知識も解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウイルスに感染しているのか、また過去に感染していたのかを調べる検査が全国で行われるようになりました。 主に行われているのが抗体検査や抗原検査、そしてPCR検査です。どれも似ているように見えますが、実はそれぞれの特徴があります。内容を理解せずに実施すると期待している結果が得られない可能性もあるため、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。 今回はそれぞれの違いと、陽性が出た場合の対処方法について詳しく見ていきましょう。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-04-14

市販の抗不安薬をお求めのお客様への対応【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

コロナ禍が続くなかで、精神的に不安定になったり十分に眠れなくなったりしている患者さまが増えてきました。こうした症状は「コロナうつ」とも呼ばれ、精神科を受診する患者さまも増加傾向にあると言われています。 同じように、ドラッグストアや薬局にも抗不安薬を求めて来る方が見られるようになりました。しかし、抗不安薬に分類される薬は、市販薬にはありません。 今回は、抗不安薬を希望されるお客さまへの登録販売者の適切な対応や、市販薬の選び方について解説します。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-03-09

かぜ薬と胃腸薬など、市販薬の飲み合わせがよくわかりません。飲み合わせの注意点を教えてください。【鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第1回】

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第1回は、市販薬の飲み合わせに関する相談です。お客さまから質問を受けたとき、うまく答えられない登録販売者も多いのではないでしょうか。 鈴木先生に、代表的な飲み合わせについて具体例とともに解説していただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

著名人コラム

2022-09-30

高血圧の薬を飲んでいる方への市販薬のすすめ方がわかりません。<鈴木伸悟先生のお悩み相談室!第9回>

薬の成分や飲み合わせ、接客、同僚との人間関係など、たくさんの悩みや不安を抱えながらも、お客さまに最適な提案ができるよう奮闘する登録販売者。 そんな登録販売者のお悩みに、SNSや講演会、業界紙などを中心にOTC医薬品の情報発信を行う薬剤師の鈴木伸悟先生が答えます! 第9回は、高血圧の薬を服用されているお客さまへの対応についてです。日本高血圧学会の調査では、2014年の高血圧治療者数は2,400万人と判明。注意が必要なOTC医薬品もあわせて教えていただきました。

登録販売者の求人・転職【チアジョブ登販】

現場で役立つ知識

2022-01-14

PMSを緩和する市販薬はある?悩む方への対処方法についても解説【薬剤師に学ぶ医薬品知識】

月経前に頭痛や体のだるさなどの不調を感じるPMSをご存知でしょうか。10代から40代女性の2人に1人はPMSに悩まされていることが株式会社ツムラの調査でもわかっています。 PMS治療は医療機関でも行えますが、それを知らなかったり、なかなか受診に踏み切れなかったりする方もいるかもしれません。今回は、PMSの治療方法や受診の前段として有効な市販薬について解説します。

登録販売者のための役立つ情報がいっぱい!

最新のドラッグストア業界動向のポイント、転職成功のためのノウハウなど、登録販売者のキャリアに役立つ多様な情報をお届けしています。チアジョブ登販は求人のご紹介や転職サポートのほかにも、登録販売者の方に嬉しい最新情報も提供。毎月更新しているコンテンツも多数です。ぜひ定期的にチェックしてみてください!

友だち追加

市区町村を選ぶ※複数選択可能です。

エリアを選ぶ※複数選択可能です。

沿線を選ぶ※複数選択可能です。

駅を選ぶ※複数選択可能です。

業種を選ぶ※複数選択可能です。

雇用形態を選ぶ※複数選択可能です。